COCOS2d-xによるiPhone/Androidアプリプログラミングガイドが届いたので学習開始

cocos2d-xcocos2d-x.jpg

□サイト内検索


スポンサードリンク

Cocos2d x

COCOS2d-xの勉強をしたくても日本語の参考書がなかったので、インストール止まりでしたが、
amazonで見かけたので即購入。

cocos2d-xによるiPhone/Androidアプリプログラミングガイド

cocos2d-xによるiPhone/Androidアプリプログラミングガイド

じっくりと学習したいと思います。
2013年5月時の情報に基づいているのもありがたい。
内容はパズルゲーム、アクションゲーム、物理演算を使ったゲームのサンプルと
アプリ内課金のためのOS連携、ゲーム作成時に有用なソフトの紹介が全ページカラーで掲載されています。

以下Amazonの紹介文引用です。

cocos2d-xはオープンソースの2Dゲームフレームワークで、iOS、Androidだけでなく、さまざまなプラットフォーム開発が可能です。本書はcocos2d-xでiPhoneおよびAndroidで動作するアプリを開発する方法とテクニックを、サンプルを交えて解説していきます。

Chapter1「cocos2d-xについて」では、cocos2d-xの概要と、環境構築を解説します。
Chapter2「パズルゲームをつくる」では、「にゃんがめ」というパズルゲームを作りながら、プロジェクトの作成、背景の表示、コマの表示/消去やアニメーション、スコア表示、ハイスコア表示、リセットボタンの表示、ゲーム終了処理など、ゲームアプリに必要な一通りの機能や動作の実装を学習します。自作のアクションクラスの作成や、cocos2d-xと一緒に使うと便利なツールなど、さらにスキルアップするためのノウハウも解説しています。
Chapter3「カジュアルゲームをつくる」では、簡単なアクションゲームを作ります。CocosBuilderというインターフェイス作成ツールとcocos2d-xの連携、マルチレゾリューション対応などが学習テーマです。
Chapter4「物理演算を行うゲームをつくる」ではピンボールゲームを作ります。物理エンジンのためのシェイプを作成するツールPhysicsEditorの解説や、縦画面表示の設定、Box2Dを利用した物理演算の実際などを取り上げて解説していきます。
Chapter5「実践的な画像表現」では、画像表示の高速化をテーマにして、いろいろな方法を解説していきます。
Chapter6「ネイティブ間連携」では、cocos2d-xとiOS・Android間のアクセスや、逆にiOS・Androidからcocos2d-xへアクセスする方法を解説します。アプリ内課金といった、cocos2d-xでサポートしていないOSの機能は、自分で実装しなければなりませんが、そういうときにこの各OSとの連携の知識が必要となります。
Chapter7は「cocos2d-xをもっと知るために」として、cocos2d-xのサイトの見方やGitHubで最新情報を確認する方法など、よりノウハウを吸収していくための手段をまとめました。

Cocos2d-x by Example

Cocos2d-x by Example


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です