iPhoneシュミレータの使い方,iPhoneシュミレータでスクリーンショットを撮る方法

スポンサードリンク

■プログラミングを学ぶのに最適です。無料体験あり!!現役エンジニアのパーソナルメンターがつき、躓いているときはチャットでの質問ができてすぐに回答が帰ってくる頼もしいサービスです。自分も12週間がっつり勉強してアプリを出せました。
未経験から仕事に繋がるエンジニア・デザイナーになりたいなら

2012/09/24

iPhoneシュミレータの使い方

iPhoneシミュレータはiPhoneSDKに含まれているのでiPhoneSDKをインストールする。

場所

/Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applications/iOSシュミレータ

デバイス変更

メニュー > ハードウェア > デバイスで切り換える
iPhone,iPad,iPhone(Retina)がある。

iPhone

Is

iPad

Ip

iPhone(Retina)

Is r

OSバージョン

メニュー > ハードウェア > バージョンで切り換える

アクション

ドラッグ

テーブルを下へドラッグできる

画面を反時計回りに回転

メニュー > ハードウェア > 反時計回りに回転
もしくは「Command+ ←」

画面を時計回りに回転

メニュー > ハードウェア > 時計回りに回転
もしくは「Command+ →」

シェイクジェスチャー

メニュー > ハードウェア > シェイクジェスチャー
もしくは「Control+Command+ Z」

着信ステータスを表示

メニュー > ハードウェア > 着信ステータスバーを切り換える。
もしくは「Command+ T」

ロック画面を表示

メニュー > ハードウェア > ロック
もしくは「Command+ L」

2本指でのマルチタップ

iPhoneシュミレータ上で[Option]を押すとインジケータが表示される。

ピンチ

Optionを押しながらマウスで動かす。

2本指ドラッグ

Option+ Shiftでマウスを動かす。

iPhoneシュミレータでスクリーンショットを撮る方法

英字入力モードにする。
1.撮影したい画面を表示させる。
2.Command+Control+C
を押すとクリップボードに保存される。

3.プレビュー.appを起動する。

Preview

4.Command + Nもしくは
メニュー > ファイル > クリップボードから新規作成

5.Command+Sで保存する。

参考URL

iOS、iPhoneシミュレータでスクリーンショットを撮影する方法 – 屑プログラマの憂鬱
iPhoneシミュレータ – iPhoneをMac上で再現するソフト | Macのホームページ作成ガイド


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加