Mountain LionでApacheとPHPを動かす


□サイト内検索


スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

Mountain LionからはWEB共有がなくなってしまっていて、
ローカル環境にてクリックぽちでPHPの動作を検証することができなくなってしまった。
ローカル環境にてPHPを動かす方法です。
Kyouyuuu

Mountain LionでApacheとPHPを動かす方法

Apacheの起動

[1]ターミナル.app(アプリケーション > ユーティリティ)を起動して

$ sudo apachectl start

を打つ。

起動の確認。
ブラウザを立ち上げて

http://localhost/

にアクセスすると「It works!」が表示される。
ここで表示されるファイルは/Library/WebServer/Documents/index.html.en
この階層がドキュメントルートになる。

ファイルの編集をしたりファイルを追加する場合は
Documentsフォルダの権限を変える。
権限はFinderの「情報をみる > 共有とアクセス」もしくはターミナルでコマンドから変更。

phpを動くようにする

[2]ターミナルを立ち上げて

$ sudo vi /etc/apache2/httpd.conf 	

をうつ。

[3]

#LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so

#をはずして(コメントアウトをはずす。)保存。

WebServer

[4]Apachを再起動

$ sudo apachectl restart

これでlocal環境でphpが動くようになる。

参考URL

Mountain Lion で Apache、PHP、MySQLを動かす | monta / diary
OS X 10.8 Mountain Lion 向け、Web共有を手動で有効にする方法 | Macとかの雑記帳

Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です