Xcode6 betaでのSwiftの始め方 基礎3 複合型(タプル)

Swift_-_Overview_-_Apple_Developer

□サイト内検索


スポンサードリンク

Swift_-_Overview_-_Apple_Developer
以下Xcode6 betaでのSwiftの文法の自分用メモ

複合型

タプル 複数のオブジェクトを扱える型
アクセス番号が振り分けられ、それぞれにアクセス可能。
型は別々でかまわない
タプルには名前をつけられる

//Int型の404とString型のNot Foundを格納
let errorStatus : (Int,String) = (404, "Not Found")
println(errorStatus)


//3つの値をタプルに格納
var tapleSample = ("西暦",2000,"年生まれです")

println(tapleSample.0)//西暦
println(tapleSample.1)//2000
println(tapleSample.2)//年生まれです



var tapleSample2 = (year:"西暦", numYear :2000, nen: "年生まれです")

println(tapleSample2.year)
println(tapleSample2.numYear)
println(tapleSample2.nen)

はじめてのSwiftプログラミング (I・O BOOKS)
はじめてのSwiftプログラミング (I・O BOOKS)

Swift離陸ガイド
Swift離陸ガイド

XcodeによるObjective-C入門
XcodeによるObjective-C入門

□参照URL

Swift 「タプル(Tuple)」を使用して複数のオブジェクトをひとまとめにする | App Camp


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です