Transmitでの上書きアップが遅くて困ったのがやっとこさ解消!MavericksのAppNapが原因だった。

transimttrans.jpg

□サイト内検索


スポンサードリンク

Trans
FTPソフトでPanicのTransmitを使っています。
以前Mac OS X 10.6 Snow Leopardで使っていたときには、安定した速さだったんですけども、
Transmit4になってからファイルのの上書きアップ後、数秒待たないと更新されない現象にイライラしていました。
Transmit4速い速い書かれているのに疑問だらけでしたが、ようやく納得がいく状態まで戻りました。

原因はMavericksのAppNapでした。

現在のMac環境は
・Mac OS X 10.9.2 Mavericks
・Transmit 4.4.6
・Coda 2.0.13

Mavericksに搭載されている「AppNap」とは複数のアプリケーションを同時に使用する時の消費電力を節約できるようにする機能で
Mavericksを使うとバッテリー持ちが良くなるのに一役買っています。
この機能が原因で動作が遅くなっていたようです。
「AppNap」はアプリケーションごとに設定できるので「AppNap」を設定していきます。

MavericksのAppNap設定方法

Finder > アプリケーション > Transmit 

を開いておきます。

「Transmit」を右クリックしてメニューを開き「情報を見る」を選択。
Finder

「一般情報」の三角形をクリックして詳細を開き、
「App Nap」を切りにするにチェックをいれます。

Transmit

これだけでは効果が無かったのでTransmitでファイルアップする際に使用するテキストエディタのAppNapも切ります。
私の場合は「Coda」を利用しているので、同様の手順でCodaのAppNapをオフにします。

Coda 2

ソフト乗り換えを考えていたのですが、こんな場所に原因があったとは見落としてました。
TransmitはFFFTPにユーザーインターフェースが似ているので使い勝手がよくほんま助かります。

Transmit App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥3,400

Coda 2 App
カテゴリ: 開発ツール
価格: ¥7,400

参考URL

パニック – Transmit – サポート


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です