[Unity] Unity2D-スプライト画像をスクリプトから切り替える方法

unity3d-3

□サイト内検索


スポンサードリンク

スクリプトファイルでスプライト画像を切り替える方法。

アクションやトリガーなどを起こしたときに、
ゲームオブジェクトに設定しているスプライトを切り替える。

  1. 画像ファイルを「変更前」「変更後」で2つ用意する。
  2. Projectビューに2つのファイルをドラッグする。
    2つの画像ファイルはInspectorビューでTexture typeを『Sprite』に変える。

    Level1 unity

  3. 対象のゲームオブジェクトにAdd Component-> Spriteを加える。

    InspectorビューからSpriteの画像(変更前)を設定しておく。

  4. 対象のゲームオブジェクトにAdd Component->Javascriptを加える。
    以下のスクリプトを書き込む。

//変更後スプライトをInspectorビューから指定できるようにpublic
public var newSprite : Sprite ;
public var knockSound : AudioClip;


function Update () {
	 
	if (Input.GetMouseButtonDown(0)) {
    var tapPoint : Vector2 = Camera.main.ScreenToWorldPoint(Input.mousePosition);
    var collition2d : Collider2D = Physics2D.OverlapPoint(tapPoint);
    if (collition2d) {
        var hitObject : RaycastHit2D = Physics2D.Raycast(tapPoint,-Vector2.up);
        if (hitObject) {
        	
        	//押したゲームオブジェクト名をコンソールで表示
            Debug.Log("hit object is " + hitObject.collider.gameObject.name);
			//スプライト切り替え
            OpenDoor();
			//サウンドを鳴らす			
         	audio.PlayOneShot(knockSound);
           	
        	}
    	}
	}
}



function OpenDoor(){
	//スプライト切り替え
	GetComponent(SpriteRenderer).sprite = newSprite;

}

環境

Mac OS 10.9.2
Unity 4.3.4

参考URL

スクリプトからSpriteを変更しよう Unity


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です