【Unity3dゲーム作成】入力が面倒いDebug.Logをスニペットにして楽する

スポンサードリンク

■プログラミングを学ぶのに最適です。無料体験あり!!現役エンジニアのパーソナルメンターがつき、躓いているときはチャットでの質問ができてすぐに回答が帰ってくる頼もしいサービスです。自分も12週間がっつり勉強してアプリを出せました。
未経験から仕事に繋がるエンジニア・デザイナーになりたいなら

2017/09/25

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

自身のモチベーション維持のため学習記録を残していきます。
Unityを使ったゲームアプリ開発のメモです。

スポンサーリンク

入力が面倒いDebug.Logをスニペットにして楽する

テキストエディタにはスニペットと呼ばれる機能があり
何度も書くコードを保存しておき短い入力数で呼び出すことができます。

UnityをインストールしたときについてくるMonoDevelopにもスニペット機能があり、
例として「prop」を入力したあとtabを押すと

public object MyProperty {
    get;
    set;
}

コードが入力されます。

Sni

この機能を使って何度も入力するであろうDebug.Logをスニペット化し
キーを打つ回数を減らします。

MonoDevelopのスニペット登録方法

メニュー>preferencesを開きます。

Preferences

Text Editor>Code Templates> C#のフォルダを選択して
「Add」を押します。

Sni2

新規のスニペット作成画面が表示されます。
Shortcutは自分で入力しやすくわかりやすいものを考えます。
何度もつかうものだったら1文字でも良いと思います。

Shortcut: スニペットを表示させるときの入力文字(今回はdb)
Group : 管理フォルダ指定(C#を選択)
Description: スニペットリストの説明文(適当に)
Mime : text/x-csharpを選択。
Template text :展開するコードを書き込みます。
今回はDebug.Log();

Sni4

成功するとスニペットのリストへ登録した項目が追加されます。
Shortcutを「db」にしたので、エディター上で「db,tabキー」を押すとDebug.Logが書き込まれます。

Snip3

■環境

Unity2017.1.0
Mac OS Sierra 10.12.5

□おすすめアセット

□参考書籍


[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加