[2013/4/10版]iPhoneアプリ制作アプリ審査待ちにするまで

スポンサードリンク

■プログラミングを学ぶのに最適です。無料体験あり!!現役エンジニアのパーソナルメンターがつき、躓いているときはチャットでの質問ができてすぐに回答が帰ってくる頼もしいサービスです。自分も12週間がっつり勉強してアプリを出せました。
未経験から仕事に繋がるエンジニア・デザイナーになりたいなら

2014/04/12

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

iphone-appappinfo.jpg
2回目以降のアプリリリースにおける手順の私的メモです。
iPhone実機でのテストまで行っている状態とします。
ソースコードの利用は自己責任でお願いします。

2013.5.1からRetina非対応/UDID採用アプリは審査対象外になりました。

■環境

Mac OS 10.8.3
Xcode 4.6.1

作業

  1. 広告の設定
  2. 申請時に必要な物の作成
  3. iTunes Connect でアプリの登録準備
  4. ディストリビューションプロビジョニングファイル作成
  5. Archivesの作成〜アップロード

広告の設定

広告会社はnendを利用。
広告枠を事前に作成して、iPhone向けのSDK(NendAdフォルダ)をダウンロード。

Xcodeを開き、プロジェクト下にNendAdフォルダをドラッグアンドドロップで追加。

マニュアルに従い設定。
フレームワーク追加
・AdSupport.framework
・Security.framework
MainViewContorller.hに「#import “NADView.h”」を追記し、テストビルド。

参考ソース
viewDidLoad内で座標を決定する際の注意事項 – ICT Fractal 公式 blog

MainViewController.hを編集

@interface MainViewController : CDVViewController<NADViewDelegate>{
    UIImageView*	_adView;//レイアウト配置用
 }
@property (nonatomic, retain) NADView * nadView;
@end

MainViewController.mを編集

viewDidLoadとviewWillAppearに追記、nadViewDidFinishLoadを追加

- (void)viewDidLoad
{
    [super viewDidLoad];
    // Do any additional setup after loading the view from its nib.

    
    // (2) NADView の作成
       self.nadView = [[NADView alloc] initWithFrame:CGRectMake(0,0,
                                                                NAD_ADVIEW_SIZE_320x50.width, NAD_ADVIEW_SIZE_320x50.height )];
    
    
    
    [self.nadView setIsOutputLog:NO]; // (3)
    // (4) set apiKey, spotId.
    [self.nadView setNendID:@"NEND SDKのapiKey"
                     spotID:@"NEND SDKのspotID"];
    [self.nadView setDelegate:self]; //(5)
    [self.nadView load]; //(6)
       
     
}
- (void)viewWillAppear:(BOOL)animated
{
    // View defaults to full size.  If you want to customize the view's size, or its subviews (e.g. webView),
    // you can do so here.
    
 	//広告位置を上書き
    CGRect adViewFrame = _adView.frame;
    adViewFrame.origin = CGPointMake(0, self.view.frame.size.height - adViewFrame.size.height -50);
    
    _adView.frame = adViewFrame;
    self.nadView.frame = adViewFrame;
    
}

-(void)nadViewDidFinishLoad:(NADView *)adView {
    [self.view addSubview:self.nadView]; 
}

申請時に必要な作成する物

アイコンのデザインをするときは1024×1024で作成。

■アプリアイコン

  • iPhone: Icon.png 57×57(px)
  • iPhone(Retina) Icon@2x.png 114×114
  • iPad Icon-72.png 72×72
  • iPad(Retina) Icon-72@2x.png 72×72

■設定画面で表示させるアイコン

  • Icon-Small-50.png
  • Icon-Small-50@2x.png
  • Icon-Small.png
  • Icon-Small@2x.png

■スクリーンショット

  • Large App Icon 1024×1024pxのJPG
  • 3.5-Inch Retina Display Screenshots(640×960.png)
  • 4-Inch Retina Display Screenshots(640×1136.png)
  • iPad Screenshots(768×1024.png)

■Store 説明文

説明文、キーワード、サポートURL

アプリアイコンはArt Helper(170円)でさくっと作成できる。(OS10.7以上)
アイコンのサイズ変更は地味に面倒なのでこの値段なら価値あり。
ただLarge App Icon(1024×1024pxのjpg)は作成できない。
スプラッシュスクリーンで使うDefault.pngの作成もできるのがよい点

(OS10.7以上)

Art Helper

(無し / 0件の評価)

OS10.6以下の場合はiDeveloper – Icon Generator (85円)が良い。
Default.pngは作成できないが、Android用も含めたIconのセットを作れる。

iDeveloper – Icon Generator

(5.0 / 1件の評価)

iTunes Connect でアプリの登録準備

iTunes Connectへアクセスしてアプリの設定をする。

iTunes Connect > Manage Your Apps >Add new appをクリック。
項目を入力する。

Appinfo

App Information

Default Language:多言語対応するなら必ずEnglishを選択。後で変更不可。
App Name:アプリ名
SKU(Stock keeping unit) Number:アプリにつけるユニークな文字列。
アプリ管理番号のようなもの。他と重複しない英数字をつける。会社名+番号とか
Bundle ID:App IDs

アプリ設定

(optional)が点いている項目はあれば入力する。

Availability Date:App Storeでの公開希望日
Price Tier:アプリの価格
Discount for Educational Institutions:教育機関向けの割引。不要ならチェックを外す。
Custom B2B App:カスタムB2Bアプリケーションの設定。iTunes Connectを介して非公開で販売するかしないか。

Appinfo2

Version Infomation

Appinfo3

Version Number:バージョン番号
Copyright:著作権情報
Primary Category:メインカテゴリ
Secondary Category(optional):サブカテゴリ(ゲームなどで必要)
Rating:レーティングを選択。
4+は倫理的に無害、数字が大きくなるほど有害扱い。
高いとインストール時に承認ダイアログが出てしまう
特になければ全てNoneを選ぶ。

Description:アプリの説明文
Keywords:キーワード(カンマ区切りで入力)

Support URL:アプリのサポートサイトURL
Marketing URL (optional):自社サイトなどのURL
Privacy Policy URL(optional):プライバシー情報を記載したURLがあれば。
Review Notes(optional):アップルがアプリを検証する際に必要な情報。ログインID、パスワードなどが必要な場合はDemo Account Infomationへ記載。

Contact Information:
・First Name :名前
・Last Name :名字
・Email Address:メールアドレス
・Phone Number:電話番号

携帯の場合、090-123-4567の場合だと+81-90-123-4567

スクリーンショット

サイズが合わない場合には画像サイズ変換サービスのもあるが、
スクリーンショットの変更が容易にできなくなったので、ソフトウェアで作成したほうが良い。

アプリの画面のスクリーンショットを取る場合には
iOSシュミレータを利用する。

iOSシュミレータで撮影したい画面を開き,メニューの

ファイル > スクリーンショットを保存

をクリックする。
ハードウェア > デバイス から対称の機種を選び保存。

Large App Icon
PC上の iTunes ストアで使われるアイコン
1024×1024pxのJPG
スクリーンショット
3.5-Inch Retina Display Screenshots(640×960.png)
4-Inch Retina Display Screenshots(640×1136.png)
iPad Screenshots(768×1024.png)
説明用の画像、最大5枚で加工画像OK

Routing App Coverage File(Optional)
いまいち不明
Routing App Coverage File(iTunes Connect上)について – Google グループ

設定後、ステータスがPrepare for Uploadになる。

itunes connectの画面へ。
App summary > 設定したアプリ > Ready to Upload binary をクリック

アプリ内に暗号化処理された内容がふくまれているか?yes or noを選ぶ。

設定完了画面が表示される。
設定後、ステータスがWaiting For Uploadになる。

ディストリビューションプロビジョニングファイル作成

Certificates, Identifiers & Profiles – Apple DeveloperからProvisioning ProfilesのDistributionを作成しておく。

ダウンロード後、Xcodeへ入れる

Archivesの作成〜アップロード

Xcodeでプロジェクト名を選び、
Project > Build Settings > Code Signing Identityを表示。
Code Signing IdentityのReleaseの値をDistributionの値へ変える。

画面左上のビルドターゲットをiOS Deviceに変える。(Archiveをクリックできるようにするため)
メニュー > Product > Archiveをクリックする。

Organizerが開いたら、Validateボタンをクリックして
Validateを通す。エラーが出た場合には修正する。

例:
Icon specified in the Info.plist not found under the top level app wrapper
ファイル名が違う場合など。Icon.pngの名前がicon.png等になっていないか。

Validateが通ったら問題がなければDistributeボタンをクリックして
OrganizerのStatus をSubmittedにする。

その後、itunes connectのStatusがUpload Receivedになる。
アップルからメールが届くとWaiting for Reviewになる。

参考URL

Xcode4 – src’s wiki
Xcode 4 でiOSアプリをiTunes Connectへアップロードする方法 | aguuu
iPhoneアプリ申請の道 Part3 | onTheHammock.com | onTheHammock.com
Titanium mobileアプリのiTunes Storeへの申請・登録方法|WEBデザイン Tips
【まとめ】iPhoneアプリ Xcode4での iTunesConnectへ申請する方法まとめ – 暇人がゼロからiPhoneアプリを作ってみる実証型ブログ

スクリーンサイズの取得はviewWillAppearですべきと今更ながら知る | プログラミング・ノート by smallmake

iTunes ConnectにApp Review Informationなる項目が・・・福寿海無量 | 福寿海無量

AppleのApp Store、Retina非対応/UDID採用アプリの登録とアップデートが不能に 5月1日から – ITmedia ニュース

[iOS] アプリに必要なアイコン・起動画面の画像サイズ&ファイル名 | tande lab.

よくわかるiPhoneアプリ開発の教科書【iOS 6&Xcode 4.6対応版】

よくわかるiPhoneアプリ開発の教科書【iOS 6&Xcode 4.6対応版】

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加