【Mac Yosemite】ディスプレイの明るさを自動で調節する機能を停止する方法


□サイト内検索


スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

YosemiteにはMacを使用している部屋の明るさに応じて、ディスプレイの明るさを自動で調節する機能があります。
長時間ディスプレイを見ていると目が疲れてきますが、ディスプレイが明るさを下げることでも目の疲れを軽減できます。

その際ディスプレイの明るさが自動で調節されてしまい明るさを手動で下げても、
部屋の明るさに応じて戻ってしまうことがあります。

この記事ではディスプレイの明るさ調整機能を停止する方法を記載します。
ちなみにF1キーで明るさを下げる、F2キーで明るさを上げるショートカットがYosemiteのデフォルトで設定されています。

◇環境

OS : Mac OS X Yosemite 10.10.1

スポンサーリンク

【Mac Yosemite】ディスプレイの明るさを自動で調節する機能を停止する方法

  1. 「システム環境設定」を開き、
    「ディスプレイ」を選ぶ。

    Display

  2. ディスプレイの設定画面が開く。

    輝度の項目にある「輝度を自動設定」の項目に入っているチェックを外すと
    ディスプレイの自動明るさ調整機能を停止される。

    Dis2


Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です