「バクマン。」が実写映画化!主演佐藤健&神木隆之介他のキャストはどうなるでしょう?

bakumanbakuman.jpg

□サイト内検索


スポンサードリンク

Bakuman

「週刊少年ジャンプ」で連載されて、アニメ化され累計発行部数1500万部を突破した漫画
「バクマン。」が実写映画化決定。2015年に全国で公開予定。

作画担当の真城最高とストーリー担当の高木秋人が中学時代時代から共に漫画家になる夢を叶えていく青春漫画。
原作は既に終了していて、単行本は全20巻まで販売中。
集英社の週刊少年ジャンプが作られていく過程をネタにしていて、漫画の制作の仕方はもちろん裏事情がリアルに書かれた作品。

連載当初は「バクマン。」の噂がたくさん出ていました。
原作の大場つぐみはラッキーマン原作者のガモウひろし だとか、タイトルの「BAKUMAN」は半分隠すと「RAKIIMAN」になるとか当初の爆発的人気を思い出させます。

監督は「モテキ」「恋の渦などで監督をつとめた大根 仁(おおね ひとし)。
現在決まっているキャストは
作画担当の真城最高役の『佐藤健』、ストーリー担当の高木秋人役が『神木隆之介』を担当。
ネット上では「配役が逆なんじゃないか?」という意見が多いようですね。
他のキャストはまだ発表されていません。

アニメ化された内容もきっちりストーリーの最後まで放映していたので、
原作好きとしては同再現されるのかが気になる映画です。


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です