患者自身の細胞を培養して、損傷した膝軟骨移植治療に成功。

■プログラミングを学ぶのに最適です。無料体験あり!!現役エンジニアのパーソナルメンターがつき、躓いているときはチャットでの質問ができてすぐに回答が帰ってくる頼もしいサービスです。自分も12週間がっつり勉強してアプリを出せました。
未経験から仕事に繋がるエンジニア・デザイナーになりたいなら

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

47NEWS(よんななニュース)より

膝の軟骨を損傷した患者自身から微量の軟骨細胞を採取し、培養したあと損傷した軟骨への
移植治療が成功したそうです。

軟骨は再生しないので、こういう医療技術が発達していくといいですね。
事故やスポーツで発生した軟骨の損傷が対象となっていますが、やはり老化には無理なのでしょうかねえ。

膝の軟骨を損傷した患者自身から微量の軟骨細胞を採取し、ゼリー状物質(ゲル)に含ませて培養した上で、ゲルごと患部に戻して治療する再生医療に成功したと、先端医療振興財団(神戸市)が16日、発表した。

事故やスポーツで発生した軟骨の損傷が対象。今回の手法では、治療できる範囲がこれまでの2倍以上になる上、患者の体への負担を軽減できるとしている。

47NEWS(よんななニュース)より

Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です