レアジョブ全サービスを停止。個人情報流出の可能性あり


□サイト内検索


スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る


CNET Japanより

 Skypeを利用した英会話サービスを提供するレアジョブは5月13日、不正アクセスにより個人情報流出の可能性が否定できないとして、全サービスを停止した。

 同社では、5月10日に不正アクセスを受けていたという。この原因を調査したところ、新たな問題が確認されたとして、5月13日18時頃に全サービスを停止した。

 その後の調査で、これまで2月20日、2月22日、3月10日にも不正アクセスがあったことが分かった。また2月20日の不正アクセス時に設置されたファイルにより、外部から同社のデータベースの情報にアクセスできる状態になっていたという。

 対象となるのはサービス開始以来の全ユーザー約11万人の情報だ。現時点で個人情報の流出は確認されていないが、名前、ニックネーム、登録メールアドレス、パスワード、登録Skype ID、レッスン受講履歴について、流出の可能性が否定できない状況だという。パスワードについては暗号化して保持していなかった。

詳しい情報はwww.rarejob.comで経緯とFAQを
確認することができます。

Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です