古代魚「シーラカンス」は5体常設。深海生物がたくさん展示される「沼津港深海水族館」

スポンサードリンク

■プログラミングを学ぶのに最適です。無料体験あり!!現役エンジニアのパーソナルメンターがつき、躓いているときはチャットでの質問ができてすぐに回答が帰ってくる頼もしいサービスです。自分も12週間がっつり勉強してアプリを出せました。
未経験から仕事に繋がるエンジニア・デザイナーになりたいなら

2013/09/23


はてなブックマークニュースより

沼津港深海水族館

沼津港深海水族館は、“日本一の水深”を誇る駿河湾の傍らにオープンしました。最深部が2,500メートルという駿河湾には、ラブカやメガマウスなどの“生きた化石”と呼ばれる深海魚が数多く生息しているそうです。同水族館では、駿河湾に生息する深海魚だけでなく、世界各地から集めた深海生物も展示するとのこと。「いつ来ても発見がある水族館」を目指し、社会科見学などの教育面にも役立てていくとしています。

館内の1階には、光を発する不思議な魚が見られる「深海の光」や、世界中の面白い生物を集めた「ヘンテコ生き物」などのコーナーを設置しています。2階には、シーラカンスが潜む海の洞窟をイメージした「シーラカンスの海」や、哺乳類なのに卵を産むという不思議な「ハリモグラ」を展示。キャラクターグッズを販売するミュージアムショップなども展開します。

深海生物にはなんであんなに興味が湧いてくるのでしょうか。
いつかは行ってみたい水族館です。


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加