MacBookPro Retinaを利用してLenovo IdeaPad A1のスクリーンキャプチャをとる方法

スポンサードリンク

■プログラミングを学ぶのに最適です。無料体験あり!!現役エンジニアのパーソナルメンターがつき、躓いているときはチャットでの質問ができてすぐに回答が帰ってくる頼もしいサービスです。自分も12週間がっつり勉強してアプリを出せました。
未経験から仕事に繋がるエンジニア・デザイナーになりたいなら

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

Sdk

MacBookPro RetinaにAndroid SDKをインストールしLenovo IdeaPad A1のスクリーンキャプチャ(端末で表示させている画像をデータとして保存する。)をとる方法です。
Androidスマートフォン自体でキャプチャをとれる機種はありますが、IdeaPad A1は端末だけで完結せずにAndroid SDKのツールを
利用する必要があります。

設定環境

Mac 10.8
Lenovo IdeaPad A1(Android2.3.4)

Lenovo IdeaPad A1のスクリーンキャプチャの取り方

Android SDK | Android Developers
よりandroid-sdk-macosxをダウンロードします。

ダウンロード後解凍。

android-sdkをアプリケーションフォルダへ移動させます。(自分でわかりやすい場所であればどこでも良い。)

android-sdkの中にある「android」をダブルクリックすると
Android SDK Managerが起動します。

Android3

「Tools」にチェックを入れます。
「Android4.1」のチェックをはずします。
「Android2.3.3」のチェックをつけます。
「Install 20 packages..」をクリックします。

Android4

「Accept All」を選択して「Install」をクリックする。
インストールには20分ほどかかります。

Android5

MOTODEV account の認証を訪ねられた場合はアカウントがないのですべてCancel.

終わると「Done loading packages」と表示されます。
「Close」をクリック。

Android6

Android-sdk > tools > ddms をクリックし起動します。

Android端末側は
設定 > アプリケーション > 開発
にある「USBデバッグ」にチェックを入れます。

Usb

USBケーブルでAndroid端末とPC本体を接続して
ddmsを起動。

Tools

Name欄のキャプチャをとりたい端末をクリックして選択。

DDMS > メニュー > Device > Screen captureを選択すると
キャプチャがとれるようになります。

Caputure

画面を変更したときはRefreshをクリック。
保存するときはSave.
方向が異なる場合はRotateをクリックして回転させます。

Dalvik

参考URL

» Android環境構築(Mac版) Android SDK インストール Tech Fun.ccSdk

MacBookPro RetinaにAndroid SDKをインストールしLenovo IdeaPad A1のスクリーンキャプチャ(端末で表示させている画像をデータとして保存する。)をとる方法です。
Androidスマートフォン自体でキャプチャをとれる機種はありますが、IdeaPad A1は端末だけで完結せずにAndroid SDKのツールを
利用する必要があります。

設定環境

Mac 10.8
Lenovo IdeaPad A1(Android2.3.4)

Lenovo IdeaPad A1のスクリーンキャプチャの取り方

Android SDK | Android Developers
よりandroid-sdk-macosxをダウンロードします。

ダウンロード後解凍。

android-sdkをアプリケーションフォルダへ移動させます。(自分でわかりやすい場所であればどこでも良い。)

android-sdkの中にある「android」をダブルクリックすると
Android SDK Managerが起動します。

Android3

「Tools」にチェックを入れます。
「Android4.1」のチェックをはずします。
「Android2.3.3」のチェックをつけます。
「Install 20 packages..」をクリックします。

Android4

「Accept All」を選択して「Install」をクリックする。
インストールには20分ほどかかります。

Android5

MOTODEV account の認証を訪ねられた場合はアカウントがないのですべてCancel.

終わると「Done loading packages」と表示されます。
「Close」をクリック。

Android6

Android-sdk > tools > ddms をクリックし起動します。

Android端末側は
設定 > アプリケーション > 開発
にある「USBデバッグ」にチェックを入れます。

Usb

USBケーブルでAndroid端末とPC本体を接続して
ddmsを起動。

Tools

Name欄のキャプチャをとりたい端末をクリックして選択。

DDMS > メニュー > Device > Screen captureを選択すると
キャプチャがとれるようになります。

Caputure

画面を変更したときはRefreshをクリック。
保存するときはSave.
方向が異なる場合はRotateをクリックして回転させます。

Dalvik

参考URL

» Android環境構築(Mac版) Android SDK インストール Tech Fun.cc

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PCidapad, Mac

Posted by Toshiyuki