ThinkPadの新シリーズ、「X1 Carbon」がアメリカで発表


□サイト内検索


スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る


ギズモード・ジャパンの記事より

X1 Carbonは、Lenovoの人気シリーズ「X1」の後継機です。14インチの広いスクリーンに重さは1.36kgで、カーボンファイバー製のお陰でこのサイズのパソコンとしては最軽量レベルを実現しています。スクリーン解像度は1600×800でかなり広々、8GBのDDR3メモリをサポート、64bitのWindows 7proが動作、搭載するCPUはインテルの「Ivy Bridge」とかなりの高スペック。

プレス向けのデモでX1 Carbonを触らせてもらいましたが、かなり素晴らしかったです。1.36kgの軽量ボディに広いスクリーンはとても良い感じだし、Thinkpadのフルキーボードは、コーヒー等をこぼしても大丈夫な仕様でそしてバックライト付き。ディスプレイはただデカいだけじゃなくてマットタイプです(かつてのサムソンが採用していたような)。とにかく、何から何まで質が良いと感じましたね。

記事によると

X1 Carbonのバッテリー駆動時間は10時間
バッテリーを30分で80パーセント充電できる「RapidCharge」技術を搭載
720ピクセル解像度のフロントカメラ
ドルビーホームシアターv4
顔認識機能
Wi-Fi、3G接続機能
価格は未定で今年の夏に発売予定だそうです。

Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です