Xcode6 betaでのSwiftの始め方

スポンサードリンク

■プログラミングを学ぶのに最適です。無料体験あり!!現役エンジニアのパーソナルメンターがつき、躓いているときはチャットでの質問ができてすぐに回答が帰ってくる頼もしいサービスです。自分も12週間がっつり勉強してアプリを出せました。
未経験から仕事に繋がるエンジニア・デザイナーになりたいなら

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

iPhone6が発表になったのにSwiftが後回しになっていたことを思い出しました。
以下Xcode6 betaでのSwiftの始め方についてです。
Xcode6 betaのファイルサイズが大きいのでダウンロード込みで20~40分かかると思います。

スポンサーリンク

  1. Xcode6がまだ非公開のためiOS,Macのディベロッパライセンスが必要。

    Xcode Downloads Apple Developer

    https://developer.apple.com/xcode/downloads/より
    Xcode 6 GMをダウンロードする。

    Xcode 6 GMを利用するためには
    「OSX バージョン10.9.4」または、「OSX バージョン10.10」が必要。

  2. OSXバージョンの確認。
    メニュー > リンゴマーク > このMacについてよりMacOSのバージョンを確認する。

    Macこの Mac について

  3. x_code6.dmgをダウンロード後、解凍。

    XcodeDownloads

    Applicationsフォルダをダブルクリックして開き、Xcodeのアイコンを
    Applicationsフォルダへドラッグしてコピーする。

    Xcode6

  4. コピーしたXcode6 GM Seedを起動。
    Xcode5よりも色が明るいアイコンになっている。
    「開く」を選択。
    Gm1

  5. 規約を承認する。
    「Agree」を選択。

    Gm2

  6. Xcode6 betaが開く。
    起動画面でバージョン6.0を確認。

    Xcode6

  7. Get started with a playgroundを
    選択してプロジェクトを作成。

    □playgroundとは

    Swiftコードを効率的で簡単に書くことができる。
    ・コードを書くとその結果が瞬時に表示される。
    ・ループのようなコードはその経過を観察することができる。
    ・変数の中身をグラフでみたり、各ビューの描画を段階ごとに見ることができたり、アニメーションされたSprite Kitのシーンを見ることもできる。
    ・コードを書いたらそれをプロジェクトに移すだけで良い。
    Xcode 6 Beta Playgroundをちょっとずついじりはじめるより

  8. Nameを指定して「Next」を選択し、「Create」でファイルの場所を指定。

    Playground

  9. Xcode6 betaのメニューを開き
    メニューからView > Assitant Editor > Show Assistant Editorを選択して
    コンソール(文法ミス等確認できる)を表示。

    Xcode61

  10. Playground内に

    println("hello swift")
    

    を打ち込み、コンソールにhello swiftの表示を確認する。
    最初はPlaygroundを使って文法の確認をしていく。

    MyPlayground playground

□参照URL
これからはじめる SwiftPlayground入門
Swift(iOSアプリ開発プログラミング言語)日本語チュートリアル ~ 前編(Apple公式ドキュメントSwift Tour±α) – こんにゃくマガジン

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加