Xcode6 betaでのSwiftの始め方 基礎2 配列

■プログラミングを学ぶのに最適です。無料体験あり!!現役エンジニアのパーソナルメンターがつき、躓いているときはチャットでの質問ができてすぐに回答が帰ってくる頼もしいサービスです。
未経験から仕事に繋がるエンジニア・デザイナーになりたいなら

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

Swift_-_Overview_-_Apple_Developer
以下Xcode6 betaでのSwiftの文法の自分用メモ
書き足していく予定。

配列

配列 (Array):連続する変数の塊
タンスの引き出しの様なイメージ。
中に入っているデータを要素という。
割り当てられている数値をインデックス(添字)という

ブラケット[]を使って配列を作る
“”で文字列を格納

var 買い物リスト = ["卵","小麦粉","バター"]

[]の中の数値で配列を取り出す。
インデックス(数値)は0から

買い物リスト[1]

型を指定する場合は左辺にブラケットで囲んで書く

var colors :[String] = ["red","black","white"]

letで配列を宣言すると変更不可にできる
配列を初期化

var fruits :[String] = []

Dictionary :ハッシュテーブル(連想配列)

キー(key)と値(value)がペアになっている
インデックスの変わりにキーを使ってデータ(値)を取り出せる。

var petCounts = ["dog" : 2, "cat" : 3]

 Dictionaryの初期化
var(or let) 配列名 =Dictionary<キー型,value(値)型>()
wordCounts Dictionaryはキー型String, 値にInt

var wordCounts = Dictionary<String, Int>()


let people = [
    "Anna":67,
    "Bety":8,
    "Jack":33,
    "Sam" :25,
]
/*
 Bety is 8 years old.
 Anna is 67 years old.
 Jack is 33 years old.
 Sam is 25 years old.
*/

Dictionaryの内容を取り出す

for ( name, age) in people{
    println(" \(name) is \(age) years old.")
    
 }

people.count//配列要素数
people.keys//Keyの取得
people.values //valueの取得

はじめてのSwiftプログラミング (I・O BOOKS)
はじめてのSwiftプログラミング (I・O BOOKS)

Swift離陸ガイド
Swift離陸ガイド

XcodeによるObjective-C入門
XcodeによるObjective-C入門

□参照URL
SwiftでObjCも利用したアプリ開発のときにハマったこと – Qiita
Swift言語ブログ: Swift言語の入門 (1) 変数編

Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です