Unity 学習記録

【Unity3dゲーム作成】EasyTouch5を使ってタップしたゲームオブジェクトの名前を取得する方法

スポンサーリンク

投稿日:

自身のモチベーション維持のため学習記録を残していきます。
Unityを使ったゲームアプリ開発のメモです。

タップ、ダブルタップやドラッグ、長押しなどの処理を簡単に操作できる便利アセット「Easy Touch 5 : Touchscreen & Virtual Controls」を使った処理のメモ。
「Easy Touch 5 」はジョイスティックボタンやPlayMakerにも対応しています。

スポンサーリンク

EasyTouch5を使ってタップしたゲームオブジェクトの名前を取得する方法

タップされるオブジェクトに「Quick Tap」をコンポーネントする。
Action triggeringをSimple_Tapにすると「シングルタップ」
Double_Tapにすると「ダブルタップ」でイベント発生。

イベント内容の関数はON tapの中で呼び出す関数を設定する。

Easytouch

スクリプト

using HedgehogTeam.EasyTouch;を書くこと。



	// At the touch beginning
	public void On_TouchStart(Gesture gesture){
			
                //オブジェクトの名前がCubeAのとき
		if (gesture.pickedObject.name == "CubeA") {

				//タップしたオブジェクトの名前を取得。
				Debug.Log(gesture.pickedObject.name) ;
			} else {
				Debug.Log("失敗") ;
			}



	}

■環境

Unity2017.1.1
Mac OS Sierra 10.12.6

□おすすめアセット

□参考書籍
 

多重債務はイストワールで 相談

カテゴリ:

Unity 学習記録

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-Unity, 学習記録
-,

Copyright© さくらいらぼ , 2018 All Rights Reserved.