NGUI Unity

【Unity】NGUIでドラッグした他のオブジェクトが重なったときの処理

スポンサーリンク
スポンサードリンク

更新日:

unity3d-3

NGUIでドラッグした他のオブジェクトが重なったときの処理する例

  1. オブジェクトを2つ用意。
    ・ドラッグするオブジェクト(これをobjAとする)
    ・重ねる先のオブジェクト(これをobjBとする)

  2. objAにCompornent >Interaction > Drag and Drop item と、
    NGUI> Attach > Collider のコンポーネントを追加

  3. objAに「Player」のタグを追加

  4. objBにBoxColliderのコンポーネントを追加

  5. objBに適当なスクリプト名でコンポーネントを追加して
    以下を記述

    void OnDragOver (GameObject draggedObject) {
    //	Debug.Log (draggedObject);
    //ドラッグして重なったオブジェクトのタグがPlayerだったら
    if ( draggedObject.collider.tag == "Player"){
    Debug.Log ("Player);
    }
    }
    
カテゴリ:

NGUI Unity

スポンサードリンク

-NGUI, Unity
-

Copyright© さくらいらぼ , 2018 All Rights Reserved.