Unity

【Unity3dゲーム作成】DOTween Pro のアセットを試しました。

スポンサーリンク

更新日:

DOTweenPro を試しました。

DOTweenはTween機能を追加する便利なスクリプトです。

他にNGUIのTweenとiTweenも試しましたが、DoTweenが1番簡単でわかりやすい。

また他のTweenにくらべて処理が軽いのも良いです。

無料版のDoTweenもありますが、有料のProだとインスペクター上からスクリプトを書かないで数値やパラメータを指定するだけで
オブジェクトを動かしていける機能(Animation Visual Editor)、移動させるルートをパスできめていく機能(Path Visual Editor)が使えます。
これはUnityのゲーム制作における必須アセットです。使った方が絶対楽。

DOTween Pro - Animation Visual Editor

DOTween Pro - Path Visual Editor

スポンサーリンク

プロジェクトへインポート後でウィンドウが開きます。
このウィンドウはTools>Demigiant>DOTween Unity panelから開けます。

set up Dotweenのボタンを押します。
Doto

OKを押していきます。

Dow

Dotw2

インポート後、Demigiantのフォルダ内にスクリプトファイルが保管されます。
サンプルプロジェクトはAssets >Demigiant>DOTweenPro Examples

ドキュメントとFAQはDOTween Unity panelから。

DOTween - Documentation

Animation Visual Editor 使い方

適応させるオブジェクトへDo Tween Animationをアタッチ。
Do Tween Animationのアタッチ数を増やしていくことでアニメーションを組み合わせていくことができます。

上にあるDoTweenが先に実行されます。
順番に動かすときにはDOPlayNext()を使います。

Unity 2017 1 0f3 Personal 64bit DOTweenAnimation Advanced unity room1 317 iPhone iPod Touch and iPad Personal OpenGL 4 1

チェックボックス右側にあるプルダウンでTweenアクションを指定します。

アクション 内容
Move グローバル座標へ移動|   
LocalMove ローカル座標へ移動
Rotate グローバル座標で回転
LocalRotate ローカル座標で回転
Scale 大きさを変える
Color 色を変える
Fade 透明化。3DオブジェクトはFadeしない
Text テキストオブジェクトをTween
UIWidthHeight UIの幅と高さをTween
Punch(Position,Rotate,Scale) 移動する範囲を指定して揺れる
Shake(Position,Rotate,Scale) 範囲を指定した中でランダムに揺れる
Camera(Aspect、Background,FieldOfView,OrthoSize,PixelRect,Rect カメラにアタッチしたときに使用。パラメータ値をTween

Punch,Shakeサンプル

Punch2

項目 内容
AutoPlay 自動で始まる
AutoKill 自動で停止
Duration Tween終了までにかける時間
Delay 開始までの時間
Ignore TimeScale
Ease イースの動きを決める
Loops ループ回数 「-1」でずっとループ
Loop Type Restart :最初からやりなおし、 Yoyo:ループの偶数回で反対の動きをする  Incremental:同じ動きを加算
ID 関数の引数で指定したIDにたいしてTweenアクションを実行
To&From To(起点から開始)、From(終点から開始)の切り替え
Snapping
Relative
Events コールバック関数指定

Text

Toに変更させる文字を入れる。

□Rich Text Enabled
チェックがはいっているときは、<b>などリッチテキストのタグを有効化する

□Scramble Mode
切り替わる際にダミーの文字を表示させて、回転するようなエフェクトをくわえてDoTweenの欄に入力した文字へ切り替える。
Custom に設定したときにはCustom Scrambleの欄に入力した文字からDoTweenの欄に入力した文字へ変化していく。

□Relative
RelativeにチェックをいれるとTextの内容の後にDoTweenの欄に入力した文字が入る。

Path Visual Editor 使い方

動かしたいオブジェクトへDo Tween Pathをアタッチ。

パスを指定したいオブジェクトを選択後、シーンビューで「Shift+コマンド」を押しながらクリック。
中継点が増えていきます。

シーンビューの中継点の上で「Shift+ALT」を押しながらクリックすることで中継点が消えます。

Unityのことでわからなくなってつまづいたらネットで聞いてみよう!

質問をすると答えてくれるQ&Aサイト「teratail(テラテイル)」ではUnityの質問が5000件以上あり、
毎日様々な質問が投稿されています。

Q&Aサイトなんてたくさんあるじゃないかと言われてしまいそうですが、
teratailの良いところはエンジニアが抱える問題の解決を全力でサポートするところ。
つまりプログラミング、エンジニアリングに特化している点です。

WordPressフォーラムよりも早く返答がくることもありますので、
わからなくなったことを溜め込まずにサクッと解決してしまいましょう。
WordPressの情報収集にもおすすめです。

>>エンジニアのためのQ&Aサイト【teratail】の詳細はこちら[公式サイト]

Unityの独学がつらくなったらTechAcademy

TechAcademy
はオンライン完結するプログラミングスクール。
ネット上で完結するのでお手頃価格なのが強み。もちろん先生への質問もできます。
相談相手には現役のプロエンジニアがサポートしてくれます。

TechAcademyにはUnity+Androidアプリコース、Unity+iOSアプリコースがあるので
独学で上手くいかないときの相談相手にもなってくれます。

コース申込別に「無料」で10分程度の説明会動画が見られるので、勉強の指針として見てみて下さい。

TECH ACADEMYの無料説明会動画を見る

□参考書籍
 

多重債務はイストワールで 相談

カテゴリ:

Unity

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-Unity
-

Copyright© さくらいらぼ , 2018 All Rights Reserved.