MAMPを使いローカル環境にテストサイトを作る MarvericksにMAMPをインストールする方法

mamplanch.jpg

□サイト内検索


スポンサードリンク

MAMPはローカルパソコン内でWEBサーバー機能を使えるようにできるツール。
Apache,MySQL,PHPをパッケージとして一括インストールすることができます。
Mac自体にはApache,PHPがはじめからインストールされていますが、MySQLがありません。
このため、WordPressをローカルパソコン内で動かすためにはMySQLが必要です。

MySQLを個別にインストールしても良いのですが、MAMPをインストールする方が断然楽です。

MAMPのサイトへ行き、MAMPをダウンロードします。
MAMP & MAMP PRO

有償のPRO版と無料のFREE版があるので注意です。
FREE版の「Download」をクリックします。

MAMP MAMP PRO

ダウンロード画面ではPROの文字が表示されますが、MAMPのFree版のみでは独立起動せず、PRO版を伴って起動するので
「MAMP & MAMP PRO 3.0.2」のダウンロードボタンをクリックします。

MAMP起動時にFREEかPROかを選ぶのでそこでFREEを選び使う事になります。

MAMP___MAMP_PRO_-_Downloads

ダウンロードした「MAMP_MAMP_PRO_3.0.2.pkg」を解凍後、インストールします。

Install

LaunchPad > MAMP を選び起動します。

Lanch

警告の「MAMPを起動」をクリックします。

Mamp1

「サーバーを起動」をクリックします。

Mamp3

クリック後、ブラウザでMAMPの初期画面が表示されます。

MAMP

初期状態だと、

アプリケーション > MAMP > htdocs

の中身が「http://localhost:8888/」でブラウザで開いたときに表示されます。

表示確認するためにhtdocs配下に表示用htmlを置いてみます。

Htdocs

test.htmlを用意して

http://localhost:8888/test.html

をブラウザで表示します。
test.htmlの中身が表示されます。

phpが使えていることを確認するために

<? phpinfo() ?>

を書いた「test.php」をhtdocsの下へ置き、
http://localhost:8888/test.php
をブラウザで表示します。

Test

phpinfoの情報が表示され、phpが使えることが確認できます。
Phpinfo

■続きはこちら
MAMPを使いローカル環境にテストサイトを作る MarvericksにWordPressをインストールする方法 | WEB HORIC.


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です