CSS

右クリック禁止処理サイトでhtmlソースを確認する方法

スポンサードリンク
スポンサードリンク

右クリック禁止処理サイトでhtmlソースを確認する方法

WEBサイト修正依頼が来た時に,「右クリック禁止処理」がされているサイトほど嫌なものはないです。
手間が何重にも増えますしね。

右クリック禁止処理サイトでもhtmlソースを見ることはできます。
Google Chromeを使います。

結論

・Google Chromeのディベロッパーツールを使用する
・URLの頭に「view-source:」をつけて確認する

このどちらかを使います。

・Google Chromeのディベロッパーツールを使用する

右クリックメニューが開けないと右クリックメニューからディベロッパーツールがオンにできないのですが、
Google Chromeメニューから項目を選ぶことで開くことが可能です。
メニュー > 表示 > 開発/管理 > ソースを表示

いちいちメニューを選ぶのはめんどくさいのでショートカットキー(Command + Option + I )を覚えておきます。(Macの場合のショートカット)

スポンサードリンク

URLの頭に「view-source:」をつけて確認する

「ソースを表示」を選んだときにURLが「view-source:」で始まっているのには気づきましたか?

もしyahoo.co.jpのhtmlソースを表示したいと思った場合には、URLバーに『view-source:https://www.yahoo.co.jp/』を入れることでソースを見ることができます。
右クリックメニュー禁止でも頭に「view-source:」をつけて確認可能です。

CSSの勉強をするのに最適なおすすめ書籍の紹介

created by Rinker
翔泳社
¥2,838 (2021/05/29 04:24:14時点 Amazon調べ-詳細)


WordPress運営が楽になるおすすめのサーバーをご紹介

WordPressおすすめのサーバー

スポンサードリンク

-CSS
-,

© 2021 さくらいらぼWEB版 /個人ブログ