WordPress カスタマイズ

【WordPress】functions.phpを更新したらサイトが真っ白!管理画面にも入れなくてどうしようもない場合の対処方法

スポンサードリンク
スポンサードリンク

functions.php

WordPressのURLを画面を開いたら突然画面が真っ白になったときの対応

functions.phpを更新したらサイトが真っ白になり、管理画面にも入れなくて困ったときは


サーバーに直接ログインしてfunctions.phpの編集部分を戻してアップロードしなおして下さい。

これで解決です。

スポンサーリンク

サーバーに直接ログインできない場合はgive upしましょう。
コレ以外の方法はありません。サーバーのログイン情報を知らない状態で一度やらかしてしまった。。。経験が
あってこの時は泣きそうになりました。

functions.phpについて

管理画面のテーマの編集からfunctions.phpを編集することができます。

functions.phpはphpのfunction(関数)をまとめておくためのファイルです。
WordPress内でphpの自作関数を使用する場合はfunctions.phpにphpの自作関数を書いておきます。

Webourgeon
さんのサイトで詳細に解説がありますが、phpの位置を知らせる「<? ?>」の前後に
改行、空白行を加えてしまうと起こります。

[php highlight="5,10"]
<?php function
.......
.......
?>

<?php function
.......
.......
?>

<?php function
.......
.......
?>
[/php]

正確に言うと「真っ白になる」のではなく、「PHPの構文エラーがでている」のが正解です。
レンタルサーバーの多くはPHPの構文エラーがでてる警告表示をしない設定にしているため
ブラウザからは真っ白になって表示されています。
PHPの構文エラーの例としては「全角のスペースをいれてしまった」「関数のスペルミス」「セミコロン忘れ」
などがあります。

専用のエディタを使用すると構文エラーのチェックをしてくれたりするのですが、
WordPressの管理画面だけだとチェック機能がないので、注意が必要です。

WordPressは全画面でfunctions.phpを読み込んでいるのか、
WEBサイト自体がphpエラーで真っ白になってしまうようです。

管理画面からはfunctions.phpは編集しないことをおすすめします。(やむなく編集する場合は必ずfunction.phpの内容を他のテキストファイルへコピペしておき、バックアップを取ってください)

スポンサードリンク

他の画面真っ白になったときの対応

よくあるパターンで忘れがちなのが、

にわとり
・テーマ、プラグインをアップデートしたときに画面が真っ白になってしまった

という場合があります。

『更新してください!』のメッセージにつられて更新ボタンを押してしまい、
画面を開いたら真っ白になって焦るというパターンです。

たまにやらかしてしまいますが、長期間アップデートをしていなかったWordPressでよく起こる現象です。

この場合は、ためしにレンタルサーバーの管理画面にはいって
PHPのバージョンを最新版もしくは、レンタルサーバー会社が推奨しているバージョンへ切り替えてください。

WordPress運営が楽になるおすすめのサーバーをご紹介

WordPressおすすめのサーバー

スポンサードリンク

-WordPress, カスタマイズ
-, ,

© 2021 さくらいらぼWEB版 /個人ブログ