Unity 学習記録

【Unity3dゲーム作成】EasyTouch5 スクリプト説明

スポンサードリンク

Unity 使い方

自身のモチベーション維持のため学習記録を残していきます。
Unityを使ったゲームアプリ開発のメモです。

タップ、ダブルタップやドラッグ、長押しなどの処理を簡単に操作できる便利アセット「Easy Touch 5 : Touchscreen & Virtual Controls」を使った処理のメモ。
「Easy Touch 5 」はジョイスティックボタンやPlayMakerにも対応しています。

マニュアルはEasyTouchBundle > EasyTouch > _Documentation > EasyTouch5_NewFeatures.pdf

スポンサーリンク

スクリプトをアタッチ。
On Touchに起動させる関数をセットする。

■Quick Touch

タップと長押しを検知

Action triggering = Start

マウスクリックでトリガー

Action triggering = Down

押している間中トリガー

Action triggering = UP

On Touch => マウスクリックしたオブジェクトの上でクリックを離した時
On Touch Not Over Me =>マウスクリックしたオブジェクト以外の場所でクリックを離した時

■Quick Touch

シングルタップとダブルタップを検知

Action triggering = Simple_Tap

シングルタップでトリガー

Action triggering = Double_Tap

ダブルタップでトリガー

スポンサードリンク

■Quick Long Tap

長押しを検知
押し始めてからイベント実行まで少し待ち時間がある。

Action triggering = Start

1秒程度長押したときにトリガー

Action triggering = In Progress

押している間に実行するトリガー

Action triggering = End

クリックを離した時

■Quick Drag

ドラッグ操作を検知
Allow on the axes でオブジェクトが動く方向を制限

イベント On Drag

ドラッグしたときにトリガー

イベント On Drag End

ドラッグ終了時にトリガー

■Quick EnterOverExist

マウスカーソルが上にかぶさっているときに実行される

イベント On Touch Enter

開始時

イベント On Touch OVER

マウスカーソルが上にかぶさっているとき

イベント On Touch Exit

終了時

Action triggering = On Drag End

スポンサードリンク

■Quick Swipe

スワイプ操作を検知。
Allow swipe start over meにチェックを入れると
アタッチしたオブジェクトがスワイプされたときにトリガーになる。

Allow swipe start over meにチェックを入れないと
画面上のスワイプを受け付ける。

Swipe directionでスワイプの方向を指定

■Quick Twist

2本指を使ってオブジェクトを回転させる動作を実行。

2 Finger Twist Rotate

出典:Synaptics Gesture Suite for TouchPads | Synaptics

■Quick Pinch

ピンチ操作を検知。
PC画面上ではOptionキーでピンチに使うもう一つのポイントを動かして実行

EasyTouch5 使い方

ジャスチャーさせるオブジェクトにEasyTouchのスクリプトをアタッチ。

Quick

スクリプト内の「+」をおしてイベントを追加
Easy2

UI.Buttonと同様に,ジェスチャーしたときに実行されるpublicの関数を選ぶ。
Gameシーンでテスト。
Easy4

同じタッチ検出アセットであるTouchSciptも試しましたが、Easy touch 5のほうが明らかに分かりやすかったので
とっつきやすくて良かったです。
Easy touch 5と比較するとTouchSciptはEasy touchより操作を複雑でもっと細かく突き詰める場合に使うのが良いかと。

Unityを本格的に勉強したくなったらTECH STADIUM

ゲーム製作は孤高の道です。
そしてゲームの作り方を学びながら市場ではやっているものを探し、自分流のアレンジを加えてオリジナリティのあるゲームを作る。
少しでも効率よく進めていかないと時間ばかりが過ぎてゲームがなかなか出来上がらない事態に陥ります。

本格的にゲームづくりをしたいなら、最初はゲームづくりの基礎をしっかりと勉強し体に身につけるのが大事になります。

そこでおすすめしたいのがコスパ最強のオンラインゲーム授業がうけられる「TECH STADIUM 」です。

テックスタジアムとは?

第一線で活躍するプロのエンジニアやクリエイターから、ゲーム制作に必要なプログラミング等のスキルを『完全オンライン』『実質無料』で学べるスクールです。

「ゲームクリエイターになりたい」「業界でエンジニアとして働きたい」「ゲームの仕事をするのが夢だった。もう一度チャレンジしたい」人を、卒業後すぐに現場で働けるレベルにまで育成することを目的としています。

Unity、UE4、サーバー、AI、XR等、IT・ゲーム業界で活躍するための技術習得が可能であり、既に多くのの卒業生たちが憧れの業界で活躍しています。

テックスタジアムでは【無料オンライン相談】を随時受け付けています。
本気で勉強してゲーム業界に携わりたいならどういうことを学べるのか、これから自分はどういうことを学んでいったら良いのか?
プロに相談して自分の将来の道標を見つけましょう!

ゲームづくりでわからないことがあったり躓いてしまって誰にも相談できないときがありますよね? そういったときもテックスタジアムで学習する場合には先生に質問し放題となっています。


テックスタジアムのオンライン相談は【無料】でうけられます。

ゲーム制作を学べるオンラインスクール [テックスタジアムのオンライン相談はこちらから >>]

スポンサードリンク

-Unity, 学習記録
-,

Copyright© さくらいらぼ , 2020 All Rights Reserved.