Unityアセットストアセール中!

音楽制作(DTM)

メロダインのブラックフライデーセール2022!定番のピッチ補正プラグイン

スポンサードリンク

2022/11/24

まぐろ
「Melodyne」はオーディオピッチ編集プラグイン。

昔から使われている業界定番ソフト。
歌ってみたのボーカルピッチを修正するのはもちろんのこと、録り直しができないオーディオデータのピッチ補正にも役立ちます。

「Melodyne」ブラックフライデーセール!

・新規にMelodyneを購入する場合は 2022/11/29までブラックフライデーセール!
・Melodyneのいずれかのバージョンをもっていて,
そこから上位版へアップグレードできる「アップグレード版」のセールは12/31まで!

Melodyne の新規購入

Melodyneは4段階のエディションにわかれます。

ポイント

Essential < Assistant < Editor < Studioの順でグレードが上がっていきます。

本格的にガンガン使うなら和音の解析ができるEditorがおすすめ。
Essential は iZotope Nectar 3 Plusを買ったり、Studio One Professionalを買ったりすると付いてきます。
Melodyne EssentialはCubaseのキャンペーンでも配布されていた事例があるので

『普段使わないけれどEssentialを実は持っていた』

ということがあります。

もしかしたら所有している可能性もありますので、手持ちのプラグインを確認した上で
Melodyneのセールに望んでください。

スポンサードリンク

買っても大丈夫!? Melodyne について

Melodyne 5 Essential

正直に行ってしまうと「Melodyne 5 Essential」は機能制限が極端に掛かっていてあまり使い所がないのです。
Melodyneってこんなことができるんですよ〜とオーディオピッチツールの進化度合い、可能性を体感できる程度。

Melodyneを一度も使ったことがないと、マウスを上下させるだけでピッチ補正ができるので本当に驚きます。

プロの歌手でもCDを出すときはピッチ補正の処理が何かしら掛かっているものなので、ピッチ補正に対してそんなに抵抗感を保つ必要はないです。
歌ってみた動画のように何度も録音し直しができないアマチュアの環境ですとメロダインは大活躍します。

ちなみにギターのチョーキングが上がりきってなかったとか、ベースの低音が鳴っているピッチがおかしいとかなんて場合にもメロダインが使えますよ。

Melodyne 5 Assistant

AssistantからはMelodyneのすべてのツールキットが使えます。
またオーディオを解析してMIDIへ変換することもできます。
鼻歌を録音してMIDI化するのもできます。(歌のピッチが下手だとめちゃくちゃなMIDIになりますが…)
これもまた便利です。

Melodyne 5 Editor

本格運用するならEditorをおすすめします。
なぜなら和音解析ができるため、コードの編集が可能になります。

この和音解析を可能にするMelodyne独自のDNAアルゴリズムのおかげで歌以外のピアノやギターに対してメロダインのピッチ補正が可能になります。

音符と同じ感度でテンポやテンポ進行を編集したり、音階機能でスケール変更したりとメロダインの可能性が広がるのがEditorからです。

Melodyne 5 Studio

メロダインを使ってお仕事をするなら思い切ってStudioまで上げてしまったほうが良いです。
作業効率が断然上がる「マルチトラック編集」がStudioからは可能になるため。

メロダインの作業って地味に面倒くさいので、少しでも効率よく済ませたい。

複数のトラックを同じウィンドウ上で表示できるようになるので、目で見て複数の楽器の鳴っている音の違いが把握できます。

マクロも複数トラックにまたがって使えるため作業効率を求められるメロダインの使い方をするならStudio版が必須です。

Melodyne のアップグレード版購入はこちら >>

アップグレード版のセールは12/31まで!(※価格は為替レートで変動します)

[DTMセール情報] ブラックフライデーセールまとめ

DTM ブラックフライデーセールはこちらのページでまとめています。

スポンサードリンク

-音楽制作(DTM)
-

Copyright© さくらいらぼ , 2022 All Rights Reserved.