生活

若者のテレビ離れが加速。見たいものが決まっていたらVODに行きますよね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

更新日:

若者のテレビ離れが加速。見たいものが決まっていたらVODに行きますよね。

若者のテレビ離れが加速。見たいものが決まっていたらVODに行きますよね。


若者のテレビ離れが加速しているそうです。

10代後半~20代の6人に1人は1カ月以内にテレビ視聴していない

10代後半の14.5%と、20代の15.0%は、テレビを保有しない、または1カ月以内にテレビを視聴したことがない「ノンテレ」層だった。
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1805/16/news100.html

「ノンテレ層」はテレビを持っていない、または一ヶ月以内に視聴なしのグループわけです。

うちは自宅にテレビを置いていません。自分の意思が弱いのでテレビがあるとついつい見ちゃうん。

たまに他所でテレビを見る機会がありますけど、最近の番組を見ていて思うことは
出演している人のメインが40歳以上のことが多いんですよね。
バラエティ系だと特に。

そら10代後半~20代の人は見ないですよ。共感できるとこないですもん。

まだ年が近い、はじめしゃちょーとかYOUTUBERに流れていくのがわかる気がします。
同じ世代の人が頑張っている姿を見ていると応援したくなるのは自然なことだと思います。
コイツもがんばっているし、俺もがんばろ!って気にもさせてくれますし。

テレビ見ていない若者達が何に時間を使っているかというと、テレビからスマホに変わっているんですよね。
スマホでYOUTUBEやら動画サービスやら。
映像自体を見ることは変わっていないけど見る媒体が変わった。

YOUTUBEやら動画サービスの良いところはやはり、見る時間と場所を選ばないことですよ。
テレビの前で始まるの待ってワクワクするのも楽しいですが、娯楽の選択肢が増えている中「見たい時に見られる」のは大きい原因です。

YOUTUBEもいいですが、最近は動画サービス「VOD(ビデオオンデマンド」が色々流行っていまして、「自分の好きな見たいジャンル」が決まっているとずっと見ていられるようになっています。
この手のオンライン動画サービスは危険ですよね。
一度見始めると止められない。

一度見始めると止められなくなってしまうのには理由があって、
最大手で勢いが止まらない「Netflix(ネットフリックス)」は
「視聴者が見ている時間」「視聴者がどこ視聴を中断したか?」などすべてデータとして持っています。

Netflixやアマゾンプライムビデオではこうした「ユーザーがアクションをおこしたとき」のデータを利用して
PDCAサイクルでオリジナルの番組を作り上げます。

人間の心理分析をデータ化されて、仕掛けてくるのですからずっと見続けちゃいますよね。
しかも規制もテレビに比べてゆるいので、思ってもいない演出がドンドン出せるわけです。

ニュースは都合良い角度からの情報しか流さないし、一度ヒットすると同じようなドラマが再生産されるし、
ネットから拾った動画で番組を作っていたりとオンデマンドで自分の好きなジャンルの動画を見た方が楽しいですし、自分の時間が有意義に過ごせますよね。

それならば今どんなVODが流行っているのか得意意の動画ジャンルと金額をまとめてみました。

VOD一覧

VODサービス名 月額 無料期間 強いジャンル オフライン再生機能
Netflix 650円 ~  1ヶ月 海外ドラマ
アマゾンプライム 年会費3900円(1ヶ月325円) 1ヶ月 アニメ・ドラマ・映画
DAZN 1,750 円(税抜) 1ヶ月 スポーツ X(2018年中対応
Hulu 933円(税別) 2週間 海外ドラマ・日本のドラマ ×
ビデオマーケット 500円〜 1ヶ月 映画・ドラマ・アニメ ×
auビデオパス 月額562円(税抜) 30日 日本のドラマ
FODプレミアム 888円(税抜き) 31日 フジテレビのドラマ・バラエティ ×
TSUTAYA TV/ TSUTAYA DISCAS 2417円(税抜) 30日 アニメ・ドラマ・映画 ×

VODの注意点

VODの注意点としてはサービスによっては「見放題対象」となっているものだけが見放題で、
それ以外のタイトルは、ポイントを消費するレンタルや、別料金が発生するレンタルになる場合があります。

最初の1話だけ無料で以降の話はレンタル扱いになっている場合もありますので、
見たいタイトルが「見放題対象」になっているのかを必ずチェック!

Netflix

NETFLIX3

コンテンツ数は公開されていませんが、Netflixオリジナル作品が充実しています。
動画サービスの黒船。

国内系の作品は少ないですが、その分海外ドラマが充実。
また視聴履歴に基づいたおすすめ作品紹介がバッチリ心をわしづかみします。

料金形態は「ベーシック(650円/月)、スタンダード(950円/月)、プレミアム(1450円/月)」と分かれていて、
グレードが上がるにつれてSD画質、HD画質,UHD 4k(超高画質)と画質が良くなります。

iOS/Androidアプリに動画ダウンロード機能がついていて
ダウンロードしておけばオフライン可でも動画を見ることができます。
移動中の電車の中やバスの中で通信料が発生しないで動画が見られるわけです。

外での動画視聴はスマホの通信制限が怖くて中々出来ないのですが、
心おきなく再生ボタンが押せますね。

無料視聴期間は最初の1ヵ月無料視聴です。

NETFLIXの詳細はこちら[公式サイト]

Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)

Prime Video

ネットショッピングサイト「Amazon」は有料のアマゾンプライム会員限定で様々なサービスを展開しています。

毎月1回アマゾンで買い物するなら有料のアマゾンプライム会員になった方がお得で、
お届け日時指定が無料以外にも『様々な特典』をつけ始めています。

・アマゾンプライム会員なら一部の本が読み放題な「prime reading」
・100万曲以上が聴き放題の「Prime Music」
・kindleを持っていたら毎月1冊無料になる「Kindleオーナーライブラリー 」
・毎月新しいゲームが無料で遊べる「Twitch Prime」
・カメラ・携帯で撮った写真を何枚でも保存できる「prime photo」

これだけの特典がついていて、さらに「アマゾンプライムビデオ」があります。

アマゾンプライムビデオにもプライムビデオ限定作品があり、
お笑い動画は規制が少ないのでやりたい放題やっています。
松本人志のドキュメンタルなどは人気がありますね。

古い作品から最新のものまでアニメ・ドラマ・映画・アマゾンプライムオリジナル・ドキュメンタリーと幅広くカバー。
個人的にはナショナルジオグラフィックがアマゾンプライムで見られるのが嬉しいです。

料金形態は「年会費3900円」が先払いになりますが1ヶ月換算すると325円とコスパが良いです。

Fireタブレット、Android携帯およびタブレット、iOS端末はダウンロード機能が付いていて
コンテンツの権利者との契約でOKが出ているものについてはオフライン再生が可能です。

無料視聴期間は最初の1ヵ月無料視聴です。

↓アマゾンプライムの詳細はこちら[公式サイト]↓

DAZN(ダゾーン)

DAZN

スポーツファンには嬉しいスポーツ観戦専門チャンネルがDAZN(ダゾーン) です。
特にサッカーのJリーグはDAZNの独占配信になるのでサッカーファンはDANZしか選択肢がありません。

端末を選ばないのが特徴で、スマートテレビまたは、Apple TV, Amazon Fire TV and Stick, Air Stick 4K, Chromecast や
PlayStation®4, PlayStation®3, XBox Oneでも再生できます。

DAZNアプリを使うとダウンロードしてオフライン視聴が可能。

料金は月額1,750 円(税抜) 。

無料視聴期間は最初の1ヵ月無料視聴です。

DAZN (ダゾーン)の詳細はこちら[公式サイト]

Hulu

Hulu

気映画やドラマ50,000本がHD画質で見放題のVODサービスです。
再生端末は選ばずスマホ、タブレット、Chromecast、Fire TV、ゲームに対応。

日テレが「Hulu」の日本事業を買収したことで日本のドラマの取扱が増え
日テレ以外にもNHK・フジテレビ。TBSのドラマを扱うようになっています。

Huluオリジナル作品も充実。
テレビで放送しているバラエティ番組を取り扱っているのが珍しい点です。

海外ドラマは字幕・吹き替え共にそろっている作品もあり、海外作品は海外の俳優の声が聞きたいから絶対字幕派な人や、
声をあてている声優がすき、他の事をしながらでも”ながら見”できるから吹き替えが良いという両者の欲求に答えてくれます。
クリミナル・マインドシーズン11は字幕・吹き替え両対応です。

独占先行配信作品が多いのも特徴で、
流行作品をいち早くみたい!人にHuluはおすすめ。

独占先行配信となった作品として
・AKBグループ主演ドラマ「マジムリ学園」
・クリミナル・マインドシーズン11
・音楽系ではビルボード
・コメディ・ドラマとしては仲間由紀恵と阿部寛主演ドラマTRICK
などがあります。

料金は月額933円(税別) 。

無料視聴期間は最初の2週間です。

Hulu(フールー) の詳細はこちら[公式サイト]

ビデオマーケット

Videomarket

ビデオマーケットは映画・ドラマ・アニメが20万本以上を揃えたVODサービス

ビデオマーケットは「ポイントを使って動画を見る」システムになっていて、
ともに毎月540ポイントが付与され、有効期限180日でポイントは月をまたいで繰り越せます。

「プレミアムコース」と「プレミアム&見放題コース」の2つが用意。

プレミアムコースは「500円/月(税別)」で「映画・ドラマ・アニメ」のジャンルが見られます。

プレミアム&見放題コースは「980円/月(税別)」で映画・ドラマ・アニメの他に「バラエティ・グラビア・スポーツ・趣味・韓流・お笑い・パチスロ」のジャンルが見られます。
趣味では『落語や舞台・心霊物』があったりするので自分のマニアックな趣向に合致したら見続けちゃいますね。

見放題コースは見放題作品に入っている25000作品であればポイントの消費がありません。

取扱作品はすべてログイン前画面で確認ができます。
ビデオマーケットの詳細はこちら[公式サイト]

auビデオパス

Au

Auユーザーであれば利用を検討したいサービスが「auビデオパス」
利用には「au ID/パスワード」が必要なためauユーザー限定です。

auビデオパス会員になるとTOHOシネマズの、シネプレックスの映画鑑賞割引(「auマンデイ」と「auシネマ割」)が受けられます。
映画館で映画をよく見る人には嬉しいサービスです。

料金は月額562円(税抜)
無料視聴期間は最初の30日です。

auビデオパスの詳細はこちら[公式サイト]

FODプレミアム

Fod

フジテレビのドラマやバラエティをはじめ、アニメや映画、配信オリジナル番組など、2万作品以上の対象作品を見放題で楽しめるのが
FODプレミアムです。

フジテレビ系のドラマやバラエティ番組が好きな人におすすめ。
地上波放送後7日間は無料で閲覧できます。

FODは「非会員」と「FODプレミアム会員」でコースが分かれてます。

「FODは非会員」の場合には料金がかからず、放送後のフジテレビの最新ドラマ・バラエティが
期間限定でみることができます。

「FODプレミアム会員」の場合にはFODの見逃し無料に加えて2万タイトルのドラマ・アニメ見放題のFODプレミアムと雑誌の最新号が読めるFODマガジンが追加されます。
FODプレミアム会員の料金は月額888円(税抜き)

「あいのり」「テラスハウス」「人志松本のすべらない話」といったバラエティや「フジテレビアナウンサーカテゴリ」またBSフジの作品があるのが特徴です。
フジテレビの作品が好きな人におすすめできるVODサービスです。

FODプレミアムの詳細はこちら[公式サイト]|

TSUTAYA TV/ TSUTAYA DISCAS

Tutaya

レンタルDVDで著名なTSUTAYAによるVODサービス。

新作・準新作を除く対象作品約8,000タイトルがHDが画質で見られる「動画見放題」と
CD/DVDの宅配レンタルが借り放題の「定額レンタル8」が組み合わさったプランです。

料金は月額2417円(税抜)で、お試し期間は30日間。
CD/DVDの宅配レンタルサービスをどれくらい利用するかによって
TSUTAYA TV/ TSUTAYA DISCASの価値が出てきます。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの詳細はこちら[公式サイト]

カテゴリ:

生活

スポンサードリンク

-生活
-, ,

Copyright© さくらいらぼ , 2018 All Rights Reserved.