【Mac 使い方】知っていると便利なファイルをゴミ箱に送るショートカットキー

スポンサードリンク

■プログラミングを学ぶのに最適です。無料体験あり!!現役エンジニアのパーソナルメンターがつき、躓いているときはチャットでの質問ができてすぐに回答が帰ってくる頼もしいサービスです。自分も12週間がっつり勉強してアプリを出せました。
未経験から仕事に繋がるエンジニア・デザイナーになりたいなら

2017/09/25


Macではファイルをゴミ箱へ入れるには、ファイルをゴミ箱へドラッグするか
右クリックからゴミ箱へ入れます。

パソコン操作を効率良くするにはショートカットを覚えておくと、作業速度が上がります。
ファイルをゴミ箱へ入れることは日常的な動作ですので、command+deleteだけでも
覚えていつでも使えるようにしておくと良いです。

ゴミ箱を操作する4つのショートカット

ファイルをゴミ箱に送る

ゴミ箱以外の場所のファイルを選択して
コマンド(Command)+delete 

ゴミ箱に送ったファイルを元の位置に戻す

ゴミ箱のファイルを選択して
コマンド(Command)+delete 

ゴミ箱を空にする

コマンド(Command)+Shift+delete 

Gomi

ゴミ箱を空にする(ダイアログを表示させない)

コマンド(Command)+Shift+Option+delete

参考URL

4 Useful Trash Keyboard Shortcuts Every Mac User Should Know


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加