Unity 学習記録

【Unity3dゲーム作成】入力が面倒いDebug.Logをスニペットにして楽する

スポンサードリンク
スポンサードリンク

2017/08/05

自身のモチベーション維持のため学習記録を残していきます。
Unityを使ったゲームアプリ開発のメモです。

スポンサーリンク

入力が面倒いDebug.Logをスニペットにして楽する

テキストエディタにはスニペットと呼ばれる機能があり
何度も書くコードを保存しておき短い入力数で呼び出すことができます。

UnityをインストールしたときについてくるMonoDevelopにもスニペット機能があり、
例として「prop」を入力したあとtabを押すと

public object MyProperty {
    get;
    set;
}

コードが入力されます。

Sni

この機能を使って何度も入力するであろうDebug.Logをスニペット化し
キーを打つ回数を減らします。

MonoDevelopのスニペット登録方法

メニュー>preferencesを開きます。

Preferences

Text Editor>Code Templates> C#のフォルダを選択して
「Add」を押します。

Sni2

新規のスニペット作成画面が表示されます。
Shortcutは自分で入力しやすくわかりやすいものを考えます。
何度もつかうものだったら1文字でも良いと思います。

Shortcut: スニペットを表示させるときの入力文字(今回はdb)
Group : 管理フォルダ指定(C#を選択)
Description: スニペットリストの説明文(適当に)
Mime : text/x-csharpを選択。
Template text :展開するコードを書き込みます。
今回はDebug.Log();

Sni4

成功するとスニペットのリストへ登録した項目が追加されます。
Shortcutを「db」にしたので、エディター上で「db,tabキー」を押すとDebug.Logが書き込まれます。

Snip3

■環境

Unity2017.1.0
Mac OS Sierra 10.12.5

□おすすめアセット

□参考書籍

[amazonjs asin="B00W4O69UU" locale="JP" title="確かな力が身につくC#「超」入門"]

[amazonjs asin="4844366777" locale="JP" title="Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門"]

[amazonjs asin="B00U17813K" locale="JP" title="3Dゲームをおもしろくする技術 実例から解き明かすゲームメカニクス・レベルデザイン・カメラのノウハウ"]
[amazonjs asin="B00I3U7ACA" locale="JP" title="ゲームメカニクス おもしろくするためのゲームデザイン (Professional Game Developerシリーズ)"]

Unityアセットストアの人気ツール

スポンサードリンク
スポンサーリンク

-Unity, 学習記録
-,

Copyright© さくらいらぼ /個人ブログ , 2021 All Rights Reserved.