【Unity3dゲーム作成】iOSのadmobバナーを表示させる

スポンサードリンク

■プログラミングを学ぶのに最適です。無料体験あり!!現役エンジニアのパーソナルメンターがつき、躓いているときはチャットでの質問ができてすぐに回答が帰ってくる頼もしいサービスです。自分も12週間がっつり勉強してアプリを出せました。
未経験から仕事に繋がるエンジニア・デザイナーになりたいなら

2017/09/25

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

しばらく滞っていたゲームアプリ開発を再開します。
自身のモチベーション維持のため学習記録を残していきます。
Unityを使ったゲームアプリ開発のメモです。

スポンサーリンク

■環境

Unity5.6.2
Mac OS Sierra 10.12.5
GoogleMobileAds.unitypackage v3.4.0

Unity iOSへadmobを組み込みます。
Admobへのアプリ登録済で、バナーコードは発行済みとします。

Unity版のガイド

スタートガイド  |  AdMob by Google  |  Firebase

Releases · googleads/googleads-mobile-unity · GitHubより
Google Mobile Ads Unity Pluginをダウンロードします。

v3.5.0を使ったところ構文エラーのような?(’Use of ‘@import’ when modules are disabled〜)が出たので、
v3.4.0を使います。

ダウンロードがおわったらUnityのプロジェクトを開いた状態で
ダウンロードしたGoogleMobileAds.unitypackageをダブルクリックします。

import画面が表示されたら、importを押します。

Mobile

API Update Requiredの表示がでたらi Made a Back up Go Aheadを押します。

Api

GoogleMobileAds、PlayServicesResolver、Pluginsフォルダが追加されます。

新規にゲームオブジェクトを作って広告表示用のスクリプトをアタッチします。

Unity 5 6 2f1 Personal 64bit Untitled admobtest2 iPhone iPod Touch and iPad Personal OpenGL 4 1

スクリプトは【Unity】AdMob組み込み方法 – ツテなしフリーランス日誌様を参照しました。

「string adUnitId =」 の中身をca-appから始まるadmobのバナーコードに置き換え、
AddTestDeviceの中身を自分のテスト用iPhoneのデバイスIDに置き換えます。
誤クリックがあると垢BANが起こることがあるのでテスト用のデバイスIDは必ず設定します。
調べ方は後述します。

Assembly CSharp AdManagement cs MonoDevelop Unity

Build Setingの画面を開き、
iOSを選択し、Switch Platformを押します。
その後、Buildを押します。

Build Setting

ビルド終了後、Unity-iPhone.xcodeprojを開きます。

Test

ここからXcodeに移ります。
iPHone実機をUSBケーブルでMacへ接続。
SingingのTeamID設定後、ビルド対象を実機に設定しビルドします。

Unity iPhone xcodeproj

Unlock iPhnoe~~~ to Continueの表示がでたら
Macに繋げているiPhoneのロック画面を解除します。

スクリプト内に書いたデバイスIDがテスト用になっていない場合には、
Xcodeのログを確認。
request.testDevices=@「*****」;と表示されます。

「*****」の数値とアルファベットがデバイスIDです。

テスト用のadmob広告が表示されると以下のように
test ad from AdMobのバナーが表示されます。

IMG 6370

□おすすめアセット

□参考書籍


[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加