仮想通貨「リスク(LSK)」について

スポンサードリンク

■プログラミングを学ぶのに最適です。無料体験あり!!現役エンジニアのパーソナルメンターがつき、躓いているときはチャットでの質問ができてすぐに回答が帰ってくる頼もしいサービスです。自分も12週間がっつり勉強してアプリを出せました。
未経験から仕事に繋がるエンジニア・デザイナーになりたいなら


本格的に仮想通貨の取引に参戦することにしました。
リスク(LSK)についてまとめていきいます。

スポンサーリンク

リスク(LSK)とは

Lisk

■公式サイト
Lisk – Blockchain Application Platform

リスクは2016年5月24日に発行された仮想通貨。
2017年11月16日現在世界12位の取引高の仮想通貨です。

All Cryptocurrencies CoinMarketCap

LSK/JPYは1000円を超えてから数日で1200円辺りまで急上昇しています。
900〜1000円を行き来している状態です。

韓国で人気のあるメッセージアプリ「カカオトーク」開発元のDunamu Incが作った仮想通貨Upbit(アップビット)へ
11月14日上場しました。

Liskjpy

リスク(Lisk)の特徴とメリット

・イーサリアムの機能「スマートコントラクト」を持っている
・MicrosoftがLiskとパートナーシップを結んでいる
・言語にjavascriptを使用
・サイドチェーンを使用している
・フォージング

イーサリアムの機能「スマートコントラクト」を持っている

イーサリアム(ETH)同様の実用性の高い「スマートコントラクト」の通貨。

スマートコントラクトを実装している通貨「イーサリアム」「リスク」は取引したデータを書き込みする他、「契約情報、条件」をブロックチェーン上に記載して自動執行します。
契約内容が自動的に実行される機能はビットコインには無い機能です。

契約内容が保持されることで通貨の信用が得られ取引の信頼性が高まります。

MicrosoftがLiskとパートナーシップを結んでいる

LiskはWindowsで知られるMicrosoftから14,000BTCの資金提供を受けています。

仮想通貨であるリップルはグーグルやSBIから資金提供を受けていて信頼性をあげていますが、
大企業が資金提供している通貨は何かしら期待が持てますよね。

言語にjavascriptを使用

javascriptはプログラムの入門にも使われるほどプログラマーにとって参入障壁が低いものではありますが、
将来性のある開発者の多い言語でもあります。
現にWEBの拡張性はjavascriptと一緒に歩んで来たと言っても過言ではありません。
お問い合わせフォームなどで郵便番号を入力すると住所が入るようになったのもjavascriptの便利な機能のおかげです。

サイドチェーンを使用している

メインのブロックチェーンの他に「サイドチェーン」を使用しています。
サイドチェーンにデータを乗せることで処理速度が上がります。

2017日9月22&23日に行われたLisk 東京ミートアップでの質疑応答

ブロックチェーン技術でICOが簡単に!LISK創業者との対談

フォージング

リスクのマイニング(採掘)にあたるものは「フォージング」と呼ばれます。
毎年フォージングできる量が減っていくのが特徴。

ビットコインは「10分に1ブロック」をマイニングするのに対して、
リスクは「10秒に1ブロック」をフォージングします。

リスク(LISK)のデメリット

総量が決まっていない点。
ビットコインの場合は2,100万BTC、リップルの場合は1,000億XRPと発行総量が決まっていますが、リスクはこれがありません。

リスクの今後の大きなイベント

Liskの公式サイトでイベントが分かります。
Events – Lisk.support
今後の大きな予定として
・11月17日 半減期(BLOCK REWARD REDUCTION)
・11月22日 ベルリンブロックチェーンミートアップ
・12月 LISK SDK、Core1.0リリース

半減期がくるフォージングによって得られる報酬が減ります。
今回の半減期で1ブロック辺り「5 => 4LISK」へ報酬が減ります。

市場で売られる数が減り、希少価値が高まって、価格上昇のきっかけとなることがあります。

9月のミートアップ前に値段の上昇があったようです。
ミートアップ後に値段が下がっているのは本来9月い予定されていたLisk Core 1.0が12月になったことのようです。

Liksjpy2

リスク(LISK)はどこで買えるのか?

2017年11月16日現在LISKは日本国内ではコインチェックだけで購入できます。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓↓↓ビットコインの取引を少しずつ実践しています↓↓↓

ビットフライヤーFXを試してみたら仮想通貨初心者でも+10万出せた件

仮想通貨の売買は取引所で行います。

口座を開設してから、郵便物を使った登録者の本人認証が必要なので実際の取引ができるまで数日かかります。
「さあ、取引始めるぞ」と思ったときに乗り遅れないように、口座だけでも先に作っておくことはおすすめします。
口座を作るだけは無料です。お金を入れない限りリスクはありません。
国内の仮想通貨取引所のおすすめはどこ?


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加