中国で仮想通貨取引再開するかも?ビットコインの価格上昇に期待

スポンサードリンク

■プログラミングを学ぶのに最適です。無料体験あり!!現役エンジニアのパーソナルメンターがつき、躓いているときはチャットでの質問ができてすぐに回答が帰ってくる頼もしいサービスです。自分も12週間がっつり勉強してアプリを出せました。
未経験から仕事に繋がるエンジニア・デザイナーになりたいなら

2017/11/15


本格的に仮想通貨の取引に参戦することにしました。

中国で新しく仮想通貨取引所がオープンするかもとの噂が出回っています。
Chinese Might be Able to Trade Bitcoin Again Soon

スポンサーリンク

中国の状態

ZB.comというサイトで仮想通貨取引が11月1日開始されるらしいとのこと。
あと2日もありません。

「らしい」としているのは10月18日から10月24日まで行われた共産党全国大会が終わって、
仮想通貨規制が始まることも考えられるためです。

中国で仮想通貨規制があったときはどうだった?

2017年10月30日現在ではビットコイン保留率は日本が1位を占めていますが、もともとは中国の方が多かったのです。

2017年9月にビットコイン取引所を閉鎖する規制報道が出まして、それまで順当に値上がりを続けていた
ビットコインの価格が50万円台から30万円台まで暴落しました。

その後2017年10月30日現在では値段を戻し、さらに68万円台まで値上がりしています。

9月のビットコイン日足チャートです。
Bitflyer btcfxjpy 10月30日 2017 17 25 7

中国のオープンの報道が出てどうなったか

ビットコイン15分足チャートです。
Bitflyer btcfxjpy 10月30日 2017 17 29 20

さて、ここ数日は売りムードだったので、売りを入れていましたが根こそぎ持って行かれました。
テクニカル分析ぶっ飛ばして高騰しました。泣きたい。
月曜の朝は銀行振り込み組が入金するようで上昇する可能性が高いようですが、それも合わさったためか数時間で4万円以上の値上がりを見せました。

アルトコインである「モナコイン」は日本でビットフライヤーが取扱を始めると数十円だった価格が700円台まで一気に高騰しました。
仮想通貨の取引所が増えると価格があがる現象は過去の事例に良く見られています。

実際に中国での取引が始まるかの真偽は11月を迎えるまでわかりませんが、取引されればビットコインの高騰は高確率でありえると思います。

↓↓↓ビットコインの取引を少しずつ実践しています↓↓↓

ビットフライヤーFXを試してみたら仮想通貨初心者でも+10万出せた件

仮想通貨の売買は取引所で行います。

口座を開設してから、郵便物を使った登録者の本人認証が必要なので実際の取引ができるまで数日かかります。
「さあ、取引始めるぞ」と思ったときに乗り遅れないように、口座だけでも先に作っておくことはおすすめします。
口座を作るだけは無料です。お金を入れない限りリスクはありません。
国内の仮想通貨取引所のおすすめはどこ?


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加