アプリ開発からお金の節約まで幅広く気になったネタを記録していきます

さくらいらぼ

JavaScript Web制作

【JavaScript】「next()」「prev()」でjQueryで要素の取得して画像を変更する。

スポンサードリンク

投稿日:


JavaScriptのライブラリとして一般的になったのが「jQuery」です。
いまだにjQueryを使ったサイトの案件はたくさんありますので、
JavaScriptの勉強をしていく上では逃げられないライブラリになっています。

「ボタンをオン・オフしてjQueryで画像を変えたい!」と言う時困るのが

・そもそもの画像の変える書き方がわからない
・画像を変える要素を選択する書き方がわからない

というところでしょうか。
初歩的な内容ですが、とても需要があり使うことが多いため書き方を覚えておくと便利です。

jQueryの読み込み方

jQueryをページに読み込むときには公式サイトjQueryよりファイルをダウンロードし自身のサーバーへアップロード
もしくはGoogleのCDNを使ってjQueryのライブラリファイルを読み込みます。

jQueryに関してはどちらも無料で利用ができます。

・公式サイトjQueryからダウンロードするメリット・デメリット
自身のサーバーに置いておけるのでネットワーク環境に依存しない
バージョンアップは自分で行うこと

CDNを使ってjQueryのライブラリファイルを読み込みするメリット・デメリット
最新版を読み込める
外部サーバーから読み込むため、外部サーバーがダウンしたら使えなくなる。またネットワークで遮断していると使えない

CDNの方が楽ですが、ページの速度を優先したり、限定したネットワーク環境の場合には
jQueryライブラリをサーバーへアップロードして使ったほうが無難です。

jQueryのサイトで紹介されているCDNは

・Google CDN
・Microsoft CDN
・CDNJS CDN
・jsDelivr CDN

とありGoogle CDNが一般的によく使われているように見受けられます。

そもそもの画像の変える書き方がわからない

元になるhtmlがこちら。

id="sw"のbuton要素をクリックすると
a.png => b.pngとなるようにjavaScriptを書いていきます。

画像の変える書き方

属性の値を取得するには「Attributes」を使い
$('selector').attr('name');
で取得します。

画像指定をするタグimgには

・画像のURLのプロパティ(src)、
・画像タイトルプロパティ(title),
・画像altのプロパティ(alt),

がありそれぞれカンマ区切りで指定しています。

まとめて指定も可能です。

スポンサードリンク

要素の取得

今回の場合には親、子のタグで入れ子になっている状態だったので
children()を使いましたが、書き換えたい要素が隣り合っている場合にはどうしたら良いのでしょうか?

要素を取得するには
next() -> 指定した要素の次のタグ
prev() -> 指定した要素の前のタグ
children() -> 親と子で入れ子になっている場合のタグ
の関数をつかってパスを指定します。

スポンサードリンク

-JavaScript, Web制作
-, ,

Copyright© さくらいらぼ , 2019 All Rights Reserved.