アプリ開発からお金の節約まで幅広く気になったネタを記録していきます

さくらいらぼ

ふるさと納税

ふるさと納税で「BOSEのワイヤレスイヤホン・ヘッドホン・スピーカー」お得に買えるチャンス!

スポンサードリンク

投稿日:

ふるさと納税で「BOSEのワイヤレスイヤホン・ヘッドホン・スピーカー」お得に買えるチャンス!

ふるさと納税で「BOSEのワイヤレスイヤホン・ヘッドホン・スピーカー」お得に買えるチャンス!

2018年のふるさと納税返礼品に「BOSE(ボーズ)のワイヤレスイヤホン・ヘッドホン・スピーカー」があります。

「BOSE」は高級オーディオ機器として有名なメーカーです。

100均のイヤホンで代用していたり、スマホを買った時についてきたイヤホンをそのまま使っている人の場合、
「音の聞こえやすさ、音の迫力」があまりにも違うのでびっくりします。

「BOSE」のイヤホン・ヘッドの対抗馬としてSONY製品があります。
BOSEの迫力に慣れてしまうと、SONYの上品な音と比較すると物足りなさを感じますね。

「BOSE製品」はApple同様に値引きセールをほぼ行いません。

「BOSE製品」は日本のどこでかってもほぼ同じ価格です。値引きはほぼなしです。

期間限定のキャンペーンがBOSEオンラインストアでたま〜にあるかないか。
他の方法でBOSE製品を安く買おうと思うとアウトレットを狙うぐらいしかありません。
アウトレットが出ているのは稀です。

ふるさと納税で「BOSE製品」が選べるのは「BOSE製品」を”安く”買いたいと思っていた人にとって非常に都合が良いんですね。

「BOSE」は50年の歴史あるブランドですので、ふるさと納税サイトの返礼品ランキングでも常に上位を占めています。

まぐろ
この記事では「BOSE製品」の返礼品を申し込める自治体をご紹介します。

「ふるさと納税返礼品」とは

ふるさと納税による自治体への寄附は12月31日まで有効です

「ふるさと納税」は実質負担2,000円で自治体に「寄附」という形で応援できる仕組みです。

返礼品がない単純な寄付もありますが、”お礼の返礼品”がもらえるのが特徴で、ふるさと納税につかった寄付金額が税金(所得税・住民税)から控除される制度です。

お財布から出ていく金額としては税金を収めることと変わりはありません。

しかし、単純に毎年住民税を収めて何ももらえないよりは、2,000円を支払って”自分で選んだ返礼品”をもらえたほうが
税金を収めてよかったなあという気になりますよね。

「ふるさと納税」の仕組み自体は非常に簡単なのでふるさと納税制度を利用したほうが圧倒的にお得です。

「ふるさと納税」の返礼品を探す時に「〇〇県XX市の返礼品」と自治体名が表示されています。
ふるさと納税の良いところは自分が済んでいた自治体を選ばなくてはいけないわけではなく、
応援したい自治体を自由に選ぶことができます。

大体の人は「返礼品」が良いところに目をつけてふるさと納税をしているので、
単純にあなたがほしいものを返礼品として扱っている自治体を選べばOKです。

「BOSE製品」の返礼品をを手に入れることができるおすすめのふるさと納税サイトは「ふるなび」です。

ふるなびについて

「ふるなび」は家電製品の取扱が多い「ふるさと納税の申し込みサイト」です。

返礼品で家電製品を狙っているなら「ふるなび」の登録を済ませておくと
選択幅が増えて失敗しないふるさと納税ができます。

また、ふるなびグルメポイント・ふるなびトラベルなど「ふるなび」独自のサービスがあり、受け取ったポイントは各自治体の店舗や旅行に使用が可能です。

ふるなびで「BOSE製品」をさがす時には
フリーワード検索で「BOSE」を入力すると探しやすくなります!

Sinagire

「ふるなび」では『品切れ/準備中』となっているもの以外は申込みが可能です。

大阪府熊取町

ボーズ Bose® SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER

2

3

首にかけるだけのウェアラブルスピーカーです。

ヘッドホン・イヤホンを付けるのが嫌だけど、音や音楽を聞いていたいというワガママな願いを叶えてくれるスピーカーです。

・通話やSiriなどにも対応
・バッテリーは最大12時間連続再生。わずか15分の急速充電で最大2時間再生可能。
・雨が降っても、汗をかいても心配いりません。防滴仕様
・着信を振動でお知らせするマナーモードに対応

首や肩の形に合わせ、自由に調整できる形状固定ワイヤーで作られているので
首が太い・肩幅が広いといった人でもバッチリあなたのカラダに合わせることが可能です。

音楽を再生しながら周りの音が聞けるので「会話」もバッチリ

通話に対応できるのがかなりのメリットで、

SOUNDWEAR COMPANION SPEAKERを首にかけて音楽を再生したまま
奥さんと会話ができます。

イヤホンやヘッドホンをつけていると他人と会話はできないので
会話するたびに耳から外すがのが面倒な人には便利なアイテムです。

低音の振動が肩から伝わってくるので、新鮮な音の聞き方も体感できます。

首にかけるので「肩こり」がきになるかもしれませんが、重さを感じさせないつけ心地と重量で設計されているので
肩こりを心配しなくてすみます。

外耳炎など耳の持病になやまされていてイヤホンを付けられない人にもおすすめのウェアラブルスピーカーです。

ボーズ Bose® Bose Home Speaker 500(ラックスシルバー)

1  2

Amazon Alexa搭載した、ボーズのスマートスピーカーです。
天気予報やニュースなど、知りたいこと情報などをAlexaに話しかける音声操作が可能です。

スマートスピーカーの中でも音質がピカイチ!
ステレオサウンドはクリアで音圧がすごいです。低音がはっきり聞こえるので迫力がありますね。

便利なプリセットは6つまで設定可能。

高級感あるデザインはインテリアとしても秀逸さがあります。

ボーズ Bose SoundSport Free wireless headphones

1

ボーズのワイヤレスイヤホンです。

ジムやランキングなどのトレーニング中はワイヤーが邪魔にならないので
ワイヤレスイヤホンを付けている人を最近よく見かけるようになりました。

ワイヤレスイヤホンを試したことがなくてBOSEを使ったことが人には
是非一度使ってもらいたいワイヤレスイヤホンです。

BOSEの高音質とワイヤレスの便利さを一度に体感できる機種ですね。

ボーズ Bose® QuietComfort 35 wireless headphones II(シルバー)

1  1

ボーズ の中でも一番お気に入りのノイズキャンセリングヘッドホンです。
このノイズキャンセリングがすごくて、電車で使うとアナウンスが聞こえなくて不安になるほど。
それぐらい消音機能がすさまじいです。

家の中でもエアコンの音は消えて聞こえなくなりますし、集中したいときにこのヘッドホンをつけると効率があがりますね。
家の騒音問題もこのノイズキャンセリングヘッドホンでかなり解消されました。

ワイヤレスヘッドホンとは思えないくらい音も良いのでずっと持ち運びして愛用しているヘッドホンです。(折りたたみできて専用ケースにいれるとコンパクトにできます)
Bluetooth環境がない場合でも、ピンマイクケーブルをつなげれば音楽を再生できます。

QuietComfort 35 wireless headphones IIになってからは「Googleアシスタントを搭載」 しました。
アクションボタンを押しながら話しかけることで音楽再生、メールの送受信、日常作業の管理、着信応答など、すべてを音声でコントロールできます。

ボーズ Bose QuietControl™ 30 wireless headphones

3  1

こちらはイヤホンタイプのノイズキャンセリング機器です。
ノイズキャンセリング機能はヘッドホンと変わらず強力です。

注意点としてはネックバンドがついていますので(外せない)。
首にフィットする軽量ネックバンドではありますが、ネックバンドが必要ないなという人は選ばない方が無難です。

ボーズスピーカー Bose® Solo 5 TV sound system

2  1
テレビや映画のサウンドをもっと良くしたい!ホームシアターシステムのような迫力の音で映画を見たい人に
ぴったりのサウンドスピーカーです。

またダイアログモードを使うと、ニュースやトーク番組のスピーチが聞き取りやすくなります。

BOSEワイヤレスイヤホン・ヘッドホン仕様比較

BOSEワイヤレスヘッドホン 機能 バッテリー最大再生時間 充電時間 防滴 重量
QuietComfort 35 II 音声アシスト
ノイズキャンセリング
無線:20時間(有線:40時間) 2.25時間 × 234g
QuietControl™ 30 ノイズキャンセリング 10時間 3時間 64g
SoundSport Free wireless ワイヤレス 5時間 2時間 18g

ふるさと納税を使ってお得に税金対策しましょう

ふるさと納税は合法的な税金対策です。

何に使われているのかじっくり調べないとわからない税金を収めて何も返ってこないよりは、
「自分が欲しい返礼品」をもらった方が絶対良いですよね。

Hurrnabi sim

ふるさと納税はあなたの年収・扶養家族・支払う社会保険料によって「控除額上限」が決まります。

計算が面倒に感じますがふるさと納税サイトでは、簡単に控除上限額シミュレーションができるようになっています。

もちろん「ふるなび」でも

「今年の自分の年収でどのくらいの額のふるさと納税ができるのか?」

「控除上限額の目安」を知ることができるシュミレーションができます。
シュミレーションは1分もあれば非常に簡単にできますので、一度シュミレーションを試してみて、
控除上限までうまくつかってふるさと納税の制度を利用してみてください。

ふるさと納税年収の目安

年収 控除上限額
200万 6,900~15,300円
300万 19,900~28,200円
400万 33,800~42,100円
500万 49,700~61,000円
600万 69,000~77,300円
700万 86,300~108,200円

※申込みするまえにシミュレーションをしてください。

ふるさと納税で欲しいものがあるときは使わないと損ですよ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク




-ふるさと納税
-, ,

Copyright© さくらいらぼ , 2019 All Rights Reserved.