NGUI Unity

【Unity】NGUIでドラッグした他のオブジェクトが重なったときの処理

スポンサードリンク

2014/08/28

unity3d-3

NGUIでドラッグした他のオブジェクトが重なったときの処理する例

  1. オブジェクトを2つ用意。
    ・ドラッグするオブジェクト(これをobjAとする)
    ・重ねる先のオブジェクト(これをobjBとする)

  2. objAにCompornent >Interaction > Drag and Drop item と、
    NGUI> Attach > Collider のコンポーネントを追加

  3. objAに「Player」のタグを追加

  4. objBにBoxColliderのコンポーネントを追加

  5. objBに適当なスクリプト名でコンポーネントを追加して
    以下を記述

    [code]
    void OnDragOver (GameObject draggedObject) {
    // Debug.Log (draggedObject);
    //ドラッグして重なったオブジェクトのタグがPlayerだったら
    if ( draggedObject.collider.tag == "Player"){

    Debug.Log ("Player);
    }

    }

    [/code]

Unityを本格的に勉強したくなったらTECH STADIUM

ゲーム製作は孤高の道です。
そしてゲームの作り方を学びながら市場ではやっているものを探し、自分流のアレンジを加えてオリジナリティのあるゲームを作る。
少しでも効率よく進めていかないと時間ばかりが過ぎてゲームがなかなか出来上がらない事態に陥ります。

本格的にゲームづくりをしたいなら、最初はゲームづくりの基礎をしっかりと勉強し体に身につけるのが大事になります。

そこでおすすめしたいのがコスパ最強のオンラインゲーム授業がうけられる「TECH STADIUM 」です。

テックスタジアムとは?

第一線で活躍するプロのエンジニアやクリエイターから、ゲーム制作に必要なプログラミング等のスキルを『完全オンライン』『実質無料』で学べるスクールです。

「ゲームクリエイターになりたい」「業界でエンジニアとして働きたい」「ゲームの仕事をするのが夢だった。もう一度チャレンジしたい」人を、卒業後すぐに現場で働けるレベルにまで育成することを目的としています。

Unity、UE4、サーバー、AI、XR等、IT・ゲーム業界で活躍するための技術習得が可能であり、既に多くのの卒業生たちが憧れの業界で活躍しています。

テックスタジアムでは【無料オンライン相談】を随時受け付けています。
本気で勉強してゲーム業界に携わりたいならどういうことを学べるのか、これから自分はどういうことを学んでいったら良いのか?
プロに相談して自分の将来の道標を見つけましょう!

ゲームづくりでわからないことがあったり躓いてしまって誰にも相談できないときがありますよね? そういったときもテックスタジアムで学習する場合には先生に質問し放題となっています。


テックスタジアムのオンライン相談は【無料】でうけられます。

ゲーム制作を学べるオンラインスクール [テックスタジアムのオンライン相談はこちらから >>]

スポンサードリンク

-NGUI, Unity
-

Copyright© さくらいらぼ , 2020 All Rights Reserved.