UNREAL ENGINE

【UE4】ビューポートの超基本操作

スポンサードリンク

UE4の操作方法についての記録をしていきます。

ビューポートの超基本操作

メイン画面で様々なアクタを配置していく画面を
ビューポートと呼びます。

それぞれのビューポート内に配置していくオブジェクトを
UE4では「アクター」と呼びます。

Unityだと「オブジェクト」を呼ばれているものですね。
呼び方が違うので、リファレンスを見るときには注意。

・左クリック    =>  アクター選択
・左クリック+長押ししながらマウス左右   => カメラの左右回転
・左クリック+長押ししながらマウス前後   =>  カメラの前後移動

・右クリック  => メニュー開く
・右クリック+長押しでマウス移動。  => カメラの上下左右の回転
・左+右クリック+マウスを動かす =>   カメラの前後左右移動。

■キーを押しながらの操作

右クリック+W =>   前へ進む。
右クリック+S =>   後へ進む。
右クリック+D =>   右へ進む。
右クリック+A =>   左へ進む。
右クリック+E =>   上昇
右クリック+Q =>   下降

アクタを中央に表示(フォーカス)

アクタを選択して「右クリック>選択にフォーカス」もしくは
アクタを選択して「F」を押す。

ズーム、回転

・左クリック+Alt+マウス移動   選択したアクタの中心にしてカメラが回転

・ズームイン、ズームアウト  マウスホイールを前後

・右クリック+Alt+マウス前後移動   ゆっくりとしたズーム、ズームアウト

マニュアルに書いてある謎のLMB,RMB,MMB

「ビューポートの制御」の項目で前提が記載されていますが、
すっ飛ばしてしまうと気が付きませんね。

LMB,RMB,MMBはマウス操作の略称です。

制御方法 略称
左マウスボタン LMB
右マウスボタン RMB
マウスホイール MMB
検証環境

Mac OS 10.12.6 Sierra
Unreal Engine 19.2

UE4の操作方法についての記録をしていきます。

ビューポートの超基本操作

メイン画面で様々なアクタを配置していく画面を
ビューポートと呼びます。

それぞれのビューポート内に配置していくオブジェクトを
UE4では「アクター」と呼びます。

Unityだと「オブジェクト」を呼ばれているものですね。
呼び方が違うので、リファレンスを見るときには注意。

・左クリック    =>  アクター選択
・左クリック+長押ししながらマウス左右   => カメラの左右回転
・左クリック+長押ししながらマウス前後   =>  カメラの前後移動

・右クリック  => メニュー開く
・右クリック+長押しでマウス移動。  => カメラの上下左右の回転
・左+右クリック+マウスを動かす =>   カメラの前後左右移動。

■キーを押しながらの操作

右クリック+W =>   前へ進む。
右クリック+S =>   後へ進む。
右クリック+D =>   右へ進む。
右クリック+A =>   左へ進む。
右クリック+E =>   上昇
右クリック+Q =>   下降

アクタを中央に表示(フォーカス)

アクタを選択して「右クリック>選択にフォーカス」もしくは
アクタを選択して「F」を押す。

ズーム、回転

・左クリック+Alt+マウス移動   選択したアクタの中心にしてカメラが回転

・ズームイン、ズームアウト  マウスホイールを前後

・右クリック+Alt+マウス前後移動   ゆっくりとしたズーム、ズームアウト

マニュアルに書いてある謎のLMB,RMB,MMB

「ビューポートの制御」の項目で前提が記載されていますが、
すっ飛ばしてしまうと気が付きませんね。

LMB,RMB,MMBはマウス操作の略称です。

制御方法 略称
左マウスボタン LMB
右マウスボタン RMB
マウスホイール MMB
検証環境

Mac OS 10.12.6 Sierra
Unreal Engine 19.2

UE4の操作方法についての記録をしていきます。

ビューポートの超基本操作

メイン画面で様々なアクタを配置していく画面を
ビューポートと呼びます。

それぞれのビューポート内に配置していくオブジェクトを
UE4では「アクター」と呼びます。

Unityだと「オブジェクト」を呼ばれているものですね。
呼び方が違うので、リファレンスを見るときには注意。

・左クリック    =>  アクター選択
・左クリック+長押ししながらマウス左右   => カメラの左右回転
・左クリック+長押ししながらマウス前後   =>  カメラの前後移動

・右クリック  => メニュー開く
・右クリック+長押しでマウス移動。  => カメラの上下左右の回転
・左+右クリック+マウスを動かす =>   カメラの前後左右移動。

■キーを押しながらの操作

右クリック+W =>   前へ進む。
右クリック+S =>   後へ進む。
右クリック+D =>   右へ進む。
右クリック+A =>   左へ進む。
右クリック+E =>   上昇
右クリック+Q =>   下降

アクタを中央に表示(フォーカス)

アクタを選択して「右クリック>選択にフォーカス」もしくは
アクタを選択して「F」を押す。

ズーム、回転

・左クリック+Alt+マウス移動   選択したアクタの中心にしてカメラが回転

・ズームイン、ズームアウト  マウスホイールを前後

・右クリック+Alt+マウス前後移動   ゆっくりとしたズーム、ズームアウト

マニュアルに書いてある謎のLMB,RMB,MMB

「ビューポートの制御」の項目で前提が記載されていますが、
すっ飛ばしてしまうと気が付きませんね。

LMB,RMB,MMBはマウス操作の略称です。

制御方法 略称
左マウスボタン LMB
右マウスボタン RMB
マウスホイール MMB
検証環境

Mac OS 10.12.6 Sierra
Unreal Engine 19.2

Unityアセットストアの人気ツール

スポンサードリンク

-UNREAL ENGINE
-