お名前VPSにCent0S7を入れたときのハマりどころ

■プログラミングを学ぶのに最適です。無料体験あり!!現役エンジニアのパーソナルメンターがつき、躓いているときはチャットでの質問ができてすぐに回答が帰ってくる頼もしいサービスです。自分も12週間がっつり勉強してアプリを出せました。
未経験から仕事に繋がるエンジニア・デザイナーになりたいなら

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

お名前VPSにsshできない

sshのテストをしているときに下のエラーでハマる。
ssh: connect to host **** port **: Operation timed out

|ss|

原因はカスタムOSを使ったときの、CentOSのインストール時にネットワークとホスト名の項目でLAN設定をすっ飛ばしていたため。

CentOS 7 をインストールしてみた | レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント

ネットワークとホスト名の項目を設定後、sshできるようになった。
標準OSの場合はネットワークとホスト名の項目の項目が設定済みになっている。

標準OSで初期インストールした直後にターミナル.appからログイン

SSH Private Keyをサーバーコンソールからダウンロードして書類フォルダへ保管。

ターミナル.appからsshのコマンドでログインする。

ssh root@[IP] -i /Users/username/Documents/vps100******-001.key  -p 22

WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!がでるとき

同じ仮想サーバーを使いまわしてOS再インストールした場合のときに,
sshすると出る。

/Users/username/.ssh/known_hostsにある作業中のサーバーIPが書かれている行を削除して保存後、
sshするとログインでる。

[crit] 23817#23817: unlink() “/var/cache/nginx/proxy_cache/***** failed (2: No such file or directory)

nginxのキャッシュファイルがなくてerror.logへの書き込みが行われる。
nginxのキャッシュが勝手に消える([crit] 8250#0: unlink() "FILE NAME" failed (2: No such file or directory) – Qiitaによると
proxy_cache_pathのmax_sizeが上限値を超えていたもよう。
max_sizeの値を256m=> 512mへ上げた所エラーログが出なくなった。

proxy_cache_path  /var/cache/nginx/proxy_cache levels=1:2  keys_zone=czone:32m max_size=512m inactive=1440m
Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です