作曲支援プラグインおすすめ

「Scaler 2」コード進行作成の補助プラグイン!

スポンサードリンク

Scaler2とは?

Scaler2はコード進行を作るときに必要となる機能を網羅しているプラグインです。

例えば

  • このコード良いな!と感じたときにどんな構成音かわからなくて鍵盤が押さえられない
  • コード進行を考えているときに前後の順番を入れ替えたかったけど、入れ替えるのが面倒
  • コード進行を聞いてみて良いものを選びたい
  • 同じコード進行だけどキーを変えて聞いてみたい
  • コード進行を考えるのすら面倒くさいのでコード進行がまとまったプリセットが欲しい
  • 音楽ジャンルでよく使われるコード進行を知りたい
  • 作ったコード進行を元にアルペジオで自動演奏して欲しい
  • 考えたコード進行をMIDIエクスポートしてDAWのトラックへ貼り付けたい

作曲していれば出てくる上記の願望をすべて叶えてくれるのが「Scaler2」です!!

Scaler2のサンプル動画

Scaler2を買うには?

Scaler2を買うならpluginboutiqueがお得です。

買っても大丈夫!? Scaler2 について


pluginboutiqueストア口コミ
・音のクオリティ 
・コスパの良さ 
・使いやすさ 
・特徴    
・プリセット 

Scaler1のときは使っていなくてScaler2になってから使い続けています。
デメリットを考えていたのですが、デメリットというデメリットはなくScalerが無いと作曲ができない状態になっています。
機能がかなり増えているので、最初に使い方を覚えるの少し時間がかかるのがデメリットでしょうか。

コードのボタンをクリックするとコードが鳴ってくれますし、順番を入れ替えるのも用意です。
音源込みのためピアノ、ギター、シンセ、ストリングスと楽器を変えてコード進行の流れを聞けます。

楽器が変わると表情が変わるので、色々な楽器があるのは便利なんですよね。
また作ったコードを元にアルペジオ機能、簡易モチーフ作成、簡易メロディ作成の機能がついていて、Scaler2だけでもそれっぽい曲が出来上がります。(リズム楽器はないので必要なら別途用意しないとダメ)

個人的にはj-POP,K-POP,Metal,Hiphop,Soulなど音楽ジャンルに分かれているコードプリセットだけでもScaler2に投資した価値があると思っています。
自分で使う好きなコード進行はパターン化していくので、新しいアイデアを入れたいときに自分では思いつかないアイデアを持ってきてくれる存在は素晴らしいですよね。

本来なら友人だったり、ライバル作曲家だったりに影響されていくのでしょうが、Scaler2がその点もサポートしてくれます。


pluginboutiqueの主力製品なためアップデートも頻繁に行われています。

2022年12月29日現在Scalerのバージョンは2.7。コード進行プリセットや音がたされていくだけではなく、機能も少しずつ増えていっていますよ。

音楽理論がわからなくても使えるツールですが、キーの知識やコードの基礎知識があるとより頭に入ってきてコード進行が素早く作成できるようになります。

あまり深く考えずコード進行プリセットをDAWに放り投げてメロディだけ考えるといった使い方もできます。
収録音源の質も良いので、これから作曲を始めたいDTM初心者は持っておいて損しないプラグインです。



Scaler2を買うには?

Scaler2を買うならpluginboutiqueがお得です。

Scaler2とは?

Scaler2はコード進行を作るときに必要となる機能を網羅しているプラグインです。

例えば

  • このコード良いな!と感じたときにどんな構成音かわからなくて鍵盤が押さえられない
  • コード進行を考えているときに前後の順番を入れ替えたかったけど、入れ替えるのが面倒
  • コード進行を聞いてみて良いものを選びたい
  • 同じコード進行だけどキーを変えて聞いてみたい
  • コード進行を考えるのすら面倒くさいのでコード進行がまとまったプリセットが欲しい
  • 音楽ジャンルでよく使われるコード進行を知りたい
  • 作ったコード進行を元にアルペジオで自動演奏して欲しい
  • 考えたコード進行をMIDIエクスポートしてDAWのトラックへ貼り付けたい

作曲していれば出てくる上記の願望をすべて叶えてくれるのが「Scaler2」です!!

Scaler2のサンプル動画

Scaler2を買うには?

Scaler2を買うならpluginboutiqueがお得です。

買っても大丈夫!? Scaler2 について


pluginboutiqueストア口コミ
・音のクオリティ 
・コスパの良さ 
・使いやすさ 
・特徴    
・プリセット 

Scaler1のときは使っていなくてScaler2になってから使い続けています。
デメリットを考えていたのですが、デメリットというデメリットはなくScalerが無いと作曲ができない状態になっています。
機能がかなり増えているので、最初に使い方を覚えるの少し時間がかかるのがデメリットでしょうか。

コードのボタンをクリックするとコードが鳴ってくれますし、順番を入れ替えるのも用意です。
音源込みのためピアノ、ギター、シンセ、ストリングスと楽器を変えてコード進行の流れを聞けます。

楽器が変わると表情が変わるので、色々な楽器があるのは便利なんですよね。
また作ったコードを元にアルペジオ機能、簡易モチーフ作成、簡易メロディ作成の機能がついていて、Scaler2だけでもそれっぽい曲が出来上がります。(リズム楽器はないので必要なら別途用意しないとダメ)

個人的にはj-POP,K-POP,Metal,Hiphop,Soulなど音楽ジャンルに分かれているコードプリセットだけでもScaler2に投資した価値があると思っています。
自分で使う好きなコード進行はパターン化していくので、新しいアイデアを入れたいときに自分では思いつかないアイデアを持ってきてくれる存在は素晴らしいですよね。

本来なら友人だったり、ライバル作曲家だったりに影響されていくのでしょうが、Scaler2がその点もサポートしてくれます。


pluginboutiqueの主力製品なためアップデートも頻繁に行われています。

2022年12月29日現在Scalerのバージョンは2.7。コード進行プリセットや音がたされていくだけではなく、機能も少しずつ増えていっていますよ。

音楽理論がわからなくても使えるツールですが、キーの知識やコードの基礎知識があるとより頭に入ってきてコード進行が素早く作成できるようになります。

あまり深く考えずコード進行プリセットをDAWに放り投げてメロディだけ考えるといった使い方もできます。
収録音源の質も良いので、これから作曲を始めたいDTM初心者は持っておいて損しないプラグインです。



Scaler2を買うには?

Scaler2を買うならpluginboutiqueがお得です。

スポンサードリンク

-作曲支援プラグインおすすめ
-,