Unity Unity5 学習記録

【Unity3dゲーム作成】iOSのadmobバナーを表示させる

スポンサードリンク
スポンサードリンク

2017/07/06

しばらく滞っていたゲームアプリ開発を再開します。
自身のモチベーション維持のため学習記録を残していきます。
Unityを使ったゲームアプリ開発のメモです。

スポンサーリンク

■環境

Unity5.6.2
Mac OS Sierra 10.12.5
GoogleMobileAds.unitypackage v3.4.0

Unity iOSへadmobを組み込みます。
Admobへのアプリ登録済で、バナーコードは発行済みとします。

Unity版のガイド

スタートガイド  |  AdMob by Google  |  Firebase

Releases · googleads/googleads-mobile-unity · GitHubより
Google Mobile Ads Unity Pluginをダウンロードします。

v3.5.0を使ったところ構文エラーのような?(’Use of '@import' when modules are disabled〜)が出たので、
v3.4.0を使います。

ダウンロードがおわったらUnityのプロジェクトを開いた状態で
ダウンロードしたGoogleMobileAds.unitypackageをダブルクリックします。

import画面が表示されたら、importを押します。

Mobile

API Update Requiredの表示がでたらi Made a Back up Go Aheadを押します。

Api

GoogleMobileAds、PlayServicesResolver、Pluginsフォルダが追加されます。

新規にゲームオブジェクトを作って広告表示用のスクリプトをアタッチします。

Unity 5 6 2f1 Personal 64bit Untitled admobtest2 iPhone iPod Touch and iPad Personal OpenGL 4 1

スクリプトは【Unity】AdMob組み込み方法 - ツテなしフリーランス日誌様を参照しました。

「string adUnitId =」 の中身をca-appから始まるadmobのバナーコードに置き換え、
AddTestDeviceの中身を自分のテスト用iPhoneのデバイスIDに置き換えます。
誤クリックがあると垢BANが起こることがあるのでテスト用のデバイスIDは必ず設定します。
調べ方は後述します。

Assembly CSharp AdManagement cs MonoDevelop Unity

Build Setingの画面を開き、
iOSを選択し、Switch Platformを押します。
その後、Buildを押します。

Build Setting

ビルド終了後、Unity-iPhone.xcodeprojを開きます。

Test

ここからXcodeに移ります。
iPHone実機をUSBケーブルでMacへ接続。
SingingのTeamID設定後、ビルド対象を実機に設定しビルドします。

Unity iPhone xcodeproj

Unlock iPhnoe~~~ to Continueの表示がでたら
Macに繋げているiPhoneのロック画面を解除します。

スクリプト内に書いたデバイスIDがテスト用になっていない場合には、
Xcodeのログを確認。
request.testDevices=@「*****」;と表示されます。

「*****」の数値とアルファベットがデバイスIDです。

テスト用のadmob広告が表示されると以下のように
test ad from AdMobのバナーが表示されます。

IMG 6370

Unityのことでわからなくなってつまづいたらネットで聞いてみよう!

質問をすると答えてくれるQ&Aサイト「teratail(テラテイル)」ではUnityの質問が5000件以上あり、
毎日様々な質問が投稿されています。

Q&Aサイトなんてたくさんあるじゃないかと言われてしまいそうですが、
teratailの良いところはエンジニアが抱える問題の解決を全力でサポートするところ。
つまりプログラミング、エンジニアリングに特化している点です。

WordPressフォーラムよりも早く返答がくることもありますので、
わからなくなったことを溜め込まずにサクッと解決してしまいましょう。
WordPressの情報収集にもおすすめです。

>>エンジニアのためのQ&Aサイト【teratail】の詳細はこちら[公式サイト]

安定した仕事量と給与がもらえるWEBエンジニアをめざしているなら

レバレジーズテックで転職サポート

□おすすめアセット

□参考書籍

[amazonjs asin="B01N7U9Q1R" locale="JP" title="Blender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCG"]

[amazonjs asin="B00U17813K" locale="JP" title="3Dゲームをおもしろくする技術 実例から解き明かすゲームメカニクス・レベルデザイン・カメラのノウハウ"]
[amazonjs asin="B00I3U7ACA" locale="JP" title="ゲームメカニクス おもしろくするためのゲームデザイン (Professional Game Developerシリーズ)"]

Unityを本格的に勉強したくなったらTECH STADIUM

ゲーム製作は孤高の道です。
そしてゲームの作り方を学びながら市場ではやっているものを探し、自分流のアレンジを加えてオリジナリティのあるゲームを作る。
少しでも効率よく進めていかないと時間ばかりが過ぎてゲームがなかなか出来上がらない事態に陥ります。

本格的にゲームづくりをしたいなら、最初はゲームづくりの基礎をしっかりと勉強し体に身につけるのが大事になります。

そこでおすすめしたいのがコスパ最強のオンラインゲーム授業がうけられる「TECH STADIUM 」です。

テックスタジアムとは?

第一線で活躍するプロのエンジニアやクリエイターから、ゲーム制作に必要なプログラミング等のスキルを『完全オンライン』『実質無料』で学べるスクールです。

「ゲームクリエイターになりたい」「業界でエンジニアとして働きたい」「ゲームの仕事をするのが夢だった。もう一度チャレンジしたい」人を、卒業後すぐに現場で働けるレベルにまで育成することを目的としています。

Unity、UE4、サーバー、AI、XR等、IT・ゲーム業界で活躍するための技術習得が可能であり、既に多くのの卒業生たちが憧れの業界で活躍しています。

テックスタジアムでは【無料オンライン相談】を随時受け付けています。
本気で勉強してゲーム業界に携わりたいならどういうことを学べるのか、これから自分はどういうことを学んでいったら良いのか?
プロに相談して自分の将来の道標を見つけましょう!

ゲームづくりでわからないことがあったり躓いてしまって誰にも相談できないときがありますよね? そういったときもテックスタジアムで学習する場合には先生に質問し放題となっています。


テックスタジアムのオンライン相談は【無料】でうけられます。

ゲーム制作を学べるオンラインスクール [テックスタジアムのオンライン相談はこちらから >>]

スポンサードリンク
スポンサーリンク

-Unity, Unity5, 学習記録
-

Copyright© さくらいらぼ , 2020 All Rights Reserved.