お名前.comのVPSでのWordPress移行作業

スポンサードリンク

■プログラミングを学ぶのに最適です。無料体験あり!!現役エンジニアのパーソナルメンターがつき、躓いているときはチャットでの質問ができてすぐに回答が帰ってくる頼もしいサービスです。自分も12週間がっつり勉強してアプリを出せました。
未経験から仕事に繋がるエンジニア・デザイナーになりたいなら

onamaeonamae.jpg

お名前.comのVPS(KVM)プランでは「CentOS+PHP+MySQL+WordPress+nginx」の設定がテンプレート化されています。
WordPressサイトをVPSで動かすなら、VPS周りの設定が楽できるのでかなりサボれますよ。おすすめです。

↓お名前.comのレンタルサーバーはこちらから↓


お名前.comのVPSでのWordPress移行作業

※VPSにはすでにWordPressサイトが一つインストール済みであることが前提。
名称vpstestは全て仮名。

データベース移行

  1. 移行元サーバーからsqlファイルをバックアップ。
    プラグイン「BackWPup」を利用してDownload database backupを押す。

  2. ターミナル.appを開きディレクトリ移動。
    WordPressがあるdefaultディレクトリをコピー、権限変更

    cd /var/www/vhosts/
    cp -r default vpstest
    chown -R nginx:nginx vpstest
    

    SFTPでテーマファイル、画像フォルダ(uploads)、sqlファイルをアップロード。
    wp-config.phpからDBパスワードとユーザーを確認しておく。

  3. mysqlにログインしてデータベース作成

    データベース名(newwpdb)、パスワード(dbpasswd)は適時変更

    //mysql login
    mysql
    //データーベース作成 
    create database newwpdb;
    //確認
    show databases;
    //ユーザー確認一覧
    select Host,User,Password from mysql.user;
    //権限変更  newwpdb
    grant all on newwpdb.* to 'localhost'@'localhost' identified by 'dbpasswd';
    

  4. mysql logoutしてsqlインポート。

    mysql -u localhost -p newwpdb < wordpress.sql
    

    念のためsqlインポート後、テーブル確認。

    mysql
    use newwpdb
    show tables;
    

    wp-config.phpの編集。
    DB_NAME,DB_PASSWORD,table_prefixを変更

    SITEURLの上書き処理を書き込んでおく。

    define('WP_HOME','http://vpstest.com/');
    define('WP_SITEURL','http://vpstest.com/');
    

nginxバーチャルドメイン設定

  1. cd /etc/nginx/conf.d/
    

    default.conf,default.backend.confをコピーしてマルチドメイン用の名前(vpstest.conf,vpstest.backend.conf)にリネーム。

    cp default.conf vpstest.conf
    cp default.backend.conf vpstest.backend.conf
    
  2. リネーム後、ファイル内のドメイン名、アクセスログの場所等を修正。

    ・default.conf,default.backend.confの編集
    listenのdefaultを削除しserver_nameに使用しているドメインを書き込む。
    移行作業後defaultの設定を戻す。

    server {
    listen unix:/var/run/nginx-backend.sock;
    server_name hogehoge.com;
    }

    ・vpstest.conf,vpstest.backend.confの編集
    rootファイルの場所・access_log error_logの場所を修正
    listenのdefaultを削除.

    defaultが重複していると再起動時にエラーがでる。

    [emerg] a duplicate default server for unix:/var/run/nginx-backend.sock in /etc/nginx/conf.d/vpstest.backend.conf:2
    nginx: configuration file /etc/nginx/nginx.conf test failed
    

    vpstest.conf

    server {
    	root        /var/www/vhosts/vpstest;
    	access_log  /var/log/nginx/vpstest.access.log  main;
    	error_log   /var/log/nginx/vpstest.error.log;
    }
    

    vpstest.backend.conf

    server {
    	root        /var/www/vhosts/vpstest;
    	access_log  /var/log/nginx/vpstest.backend.access.log backend;
    }
    
  3. nginx再起動

    service nginx restart
    

移行ドメインのネームサーバー設定

Aレコード設定をする。

さくらドメインの場合

  1. 会員メニューにログイン

  2. ドメインのゾーン編集
  3. AレコードにVPSのIPを入力して更新。

ムーム-ドメインの場合

  1. コントロールパネルにログイン
  2. ドメイン操作→ドメイン選択→ネームサーバ設定変更→ムームードメインのネームサーバ(ムームーDNS)を使用する
  3. 変更後の「ムームーDNSのセットアップ情報変更 」を選ぶ。

  4. カスタムセットアップのAレコードにVPSのIPを入力して更新。

    onamaecutoms.jpg


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加