アプリ開発からお金の節約まで幅広く気になったネタを記録していきます

さくらいらぼ

Apple mac

新型「iMac」がリリース。全ディスプレイサイズでクアッドコアを採用。グラフィックスボードが改良

スポンサードリンク

投稿日:

Apple iMac

薄さ5mmのエッジをもつ超薄型のディスプレイで2012年に話題をよんだiMacが中身をグレードアップして
アップデートリリース。
全ディスプレイサイズでクアッドコアを採用。グラフィックスボードが改良

見た目は変わりませんが、中身が拡張されています。

21.5、27インチと2つのラインアップで構成され、
GHzを選択後、メモリ、容量をカスタマイズ購入可能。

iMac 前モデルとの変更点

[1]
21.5インチ型でデュアルコア->クアッドコアを採用
2.7GHzモデルにグラフィックス Intel Iris Proグラフィックス を利用
(他はNVIDIA GeForce)
27インチ型でメモリは最大で32GBまで拡張可能

[2]
ワイヤレス規格であるIEEE802.11acのサポート。
アップルが提供する802.11acのベースステーション(AirPort ExtremeおよびTime Capsuleルーター)に接続時に、前世代のiMacに比べ最大3倍速いワイヤレス転送が可能

[3]
ストレージカスタマイズでFusionDrive/SSDに変更可

■価格:
|21.5インチ -2.7GHz|13万8800円〜|
|21.5インチ -2.9GHZ|15万8800円〜|
|27 インチ -3.2GHz|18万9800円〜|
|27 インチ -3.4GHz|20万8800円〜|

少々マイナーアップデート感が多々ありますが、
21.5インチ型でクアッドコアになったことと、ワイヤレス転送速度があがるのは嬉しいことです。
AirPort ExtremeおよびTime Capsuleルーターがないと802.11acのワイヤレス恩恵がないのは痛いですね。
グラフィックボードが強化されたので、動画編集などに使いたい人には良さそうです。
OS X Mavericksの発表まで様子見でしょうか。

■購入先ページ
iMac - 究極のオールインワンデスクトップコンピュータ iMacを購入する - Apple Store (Japan)

スポンサードリンク

-Apple, mac
-,

Copyright© さくらいらぼ , 2018 All Rights Reserved.