痔の治療中。治し方のメモ

■プログラミングを学ぶのに最適です。無料体験あり!!現役エンジニアのパーソナルメンターがつき、躓いているときはチャットでの質問ができてすぐに回答が帰ってくる頼もしいサービスです。自分も12週間がっつり勉強してアプリを出せました。
未経験から仕事に繋がるエンジニア・デザイナーになりたいなら

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

切れ痔が中々治らずに困っている。むーつらい。

治療方法

治療方法は便秘にならないようにすること。
患部を温めて血液循環を良くすること。
食べ物に注意すること生活習慣を直すこと。

切れ痔は食べ物と生活習慣。
症状がでたら病院で軟膏をもらう。
便秘が大敵。肛門科の医者に便秘はどういう状態を言うのか聞いてみた所、便意が来たあとトイレへ座って3〜5分ででないと便秘だそう。

マグネシウムを取って水分を保持し便をやわらかくすることが大事。
酸化マグネシウムを処方されたのはこのため。
カフェインは水分をうばうため飲み過ぎ注意。

食事

以前切れ痔になったことが何度かあったのだが、数日で症状がでなくなったのであまり気にしていなかった。
その時のことをよく思い返してみるとちょうど筋トレにはまっていてタンパク質をいっぱい摂取していたことを思い出した。
それで皮膚の再生のための栄養素もたくさんとることにした。

・タンパク質x体重g(植物性のもの)
・亜鉛
・ビタミンC
・ビタミンB
・オリゴ糖をとるためにハチミツ。
・マグネシウムをとるためにひじき
・便通改善にごぼう。

水分を多く取る。一日2リットル以上を目標。
食事するまえに必ず前に200ミリ飲む。
砂糖、動物性タンパク質は極力控えておく。

2017-03-31 追記
自分の場合、便通改善に食物繊維を取っていたら症状がほとんどでなくなった。
あんなに色々ググってたのに、こんな簡単なことだったのかと後悔。

厚生労働省の食物繊維の食事摂取基準によると食物繊維は「成人男性20g,成人女性18g」以上を一日目安として推奨している。
しかしググると「食物繊維 20g 無理」などサジェストがでるくらい食物繊維をとっていないのだと自覚。

そこで食物繊維の多い食事を取り入れた。
メインで食べているのは納豆、キウイ、ごぼう、そして切り干し大根。
他にローソンのブランパン。

ローソンのブランパンは1個あたり5gx2の食物繊維が取れると書かれている。

最近は「伊藤園 食物せんい野菜」を保険として飲んでいる。

何がすごいってこの飲料は食物繊維含有量が「10.0~12.5g」になっていること。
そしてあまり野菜ジュースっぽいえぐみがなく飲みやすい!

表記上の数値が確かであれば一日分の半分がこれで取れるはず!
確かにちょうしにのって2パック飲んだときはお腹がゆるゆるになった。
スーパーで売っていたら即まとめ買いしている。

「食物繊維の多い食事」と「伊藤園 食物せんい野菜」で大分便秘解消された。

腸内改善

ヨーグルトは試したが、乳製品アレルギーがあるようで自分には向かなかった。
代わりに納豆を多く食べることにした。
乳酸菌をとらないといけないため乳酸菌がとれる、納豆、みそを食べるようにする。
辛いものがよくないとのことなのでキムチは除外。
お酒はできるかぎりNG。

日常生活

座りっぱなしの仕事をしているので極力立つようにした。
多分を圧迫を防ぐために円座クッションを用意。
これだけでもだいぶ違う。



腹巻きは常時着用。お風呂へ入って出来る限り温めておく。
お尻へカイロを当てて温めるのもあり。

通院記録

【2/11】

血がでたので病院へ。診断を受けるのは肛門科。
肛門科なんていままでご縁がまったくなかったので内心びびりまくり。

たまたまタモリ倶楽部で肛門科の医者があつまって談義会をする会の映像があり、ものすごい偶然に見つけてしまったので見てみることにした。
診察方法、医療器具具の紹介などしていた。
その映像を先に見てしまったためか、余計にびびりまくってしまい、いざ病院に行こうかと思ったが怖さ先送りにした。

ためらうこと一週間後、また血がでたのと排便時にちくちく刺さる違和感と痛みがあったので、これは通院するしかないと決断。
土曜日だったが即通院することにした。

病院へつくとドコの科か聞かれ痔になったのですが・・・と答えると患者さんたくさんいますから大丈夫ですよと気遣いされてしまった。
個人的にはそんなに恥ずかしいこととは思ってなかったので、余計恥ずかしが出た。

いざ診察。
横になって患部を医者へ見せる。診察時間は1分にも満たないのだが、下から触診されるのは非常につらい。慣れることはあるのだろうか。
年齢が年齢なので大腸検査が必要だと言われて、余計にびびりまくっていた。
この日は一週間分の軟膏だけもらった。

【2/18】
軟膏を刺して入れるのも大分なれてきて、一週間後にもう一度来いといわれたので通院。
まだ治らないのと定期的に血がでることをつたえると、今度は軟膏と酸化マグネシウムの錠剤MO221をだされた。

酸化マグネシウム錠というのはいままで飲んだことがなかったが、便秘症の治療に使われる薬らしい。
沢山の水とともに飲む必要があるとのこと。
初回時はノロウィルス感染時のように下から水がでてびっくりした。
また薬が切れたら行かなくてはいけない。

【3/7】
大腸検査の日。初めてなので不安しかない。
結果は異常なしでしばらく酸化マグネシウム錠で様子見。
大腸カメラ自体は15分程度でおもったよりもさくっと終わった。薬がきいていたせいかぼんやりしていたので耐えられないつらさではなかった。

それよりも事前に腸内洗浄のために飲むモビプレップが辛かった。

ちゃんと溶けていなかったようで、後半の味の濃さが異常で不味い。
ポカリっぽい味と聞いていて、たしかにポカリっぽい。めちゃくちゃまずいという感じはないが
味がつらいというよりは多量の水を1時間で1リットル飲むのが大変。
味が濃くなってくると経口補水液の味で、やたらとしょっぱく片手に水を持ってないと飲めなかった。
加齢とともに大腸検査は避けられないようだが嫌だなあ。

症状がでないかぎりは通院しなくて良いとのことで、あんなに辛かったのにまだ初期型だったことに驚いた。
痔の症状がでたら病院に駆け込んだほうがいいね。

Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です