【Unity】Unity Adsの導入

■プログラミングを学ぶのに最適です。無料体験あり!!現役エンジニアのパーソナルメンターがつき、躓いているときはチャットでの質問ができてすぐに回答が帰ってくる頼もしいサービスです。自分も12週間がっつり勉強してアプリを出せました。
未経験から仕事に繋がるエンジニア・デザイナーになりたいなら

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

しばらく滞っていたゲームアプリ開発を再開します。
自身のモチベーション維持のため学習記録を残していきます。
Unityを使ったゲームアプリ開発のメモです。

スポンサーリンク

■環境

Unity5.6.2
Mac OS Sierra 10.12.5

□マニュアル
Unity – Manual: How to use Unity Ads
Unity – Unity Ads – Quick start guide

Unity Adsの導入

Unity Adsよりアカウントを作成します。

メニュー>Window >Servicesのタブを開きます。

プロジェクトを開いてServicesのタブへ移動。
UnityProjectId選んだら、「Create」を押します。

Unity 5 6 2f1 Personal 64bit level1 re unity easistescape iPhone iPod Touch and iPad Personal OpenGL 4 1

Sevices内容が表示されます。
今回はUnity adsなので「Ads」のボタンを押します。

Unity 5 6 2f1 Personal 64bit level1 re unity easistescape iPhone iPod Touch and iPad Personal OpenGL 4 1

画面移動したら「ON」にします。
13才以下の年齢を対象としたアプリプロジェクトの場合はチェックをいれます。

Unity 5 6 2f1 Personal 64bit level1 re unity easistescape iPhone iPod Touch and iPad Personal OpenGL 4 1

Unity – Unity Ads – Quick start guideにか。かれている
スクリプトを作成。

UIよりButtonを作成したら作成したUnityAdsのスクリプトをアタッチ。
ShowRewardedAd()を呼び出します。

設定したボタンをUnity上で押したときは広告が表示される胸の画面が出ます。
Ads

成功時のログ

Unity 5 6 2f1 Personal 64bit level1 re unity easistescape iPhone iPod Touch and iPad Personal OpenGL 4 1

□おすすめアセット

□参考書籍


Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク

このサイトが役に立ったらシェアにご協力ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です